ロンドン橋で車暴走、7人死亡 メイ首相「3カ月で3度目のテロ」

投稿日: 更新:
LONDON BRIDGE
Police attend to an incident on London Bridge in London, Britain, June 3, 2017. Reuters / Hannah McKay | Hannah Mckay / Reuters
印刷

ロンドン市中心部の「ロンドン橋」で6月3日午後10時(日本時間6月4日午前6時)ごろ、白いバンが暴走し、左右に揺れながら、複数の歩行者をはねた。BBCなどが報じた。イギリスのメイ首相は声明で「もうたくさんだ。イギリスは3カ月で3度目のテロ攻撃を受けた」と怒りをあらわにした。

現在わかっていること:

  • ロンドン警視庁などによると7人が死亡した。
  • 暴走車に乗っていた3人は、車から降りて、南側の市場「バラマーケット」(飲食店などが並ぶエリア)付近でナイフで人を襲った。
  • この事件によって、7人が死亡し、少なくとも48人がけがをした。負傷者には警察官も含まれている。
  • イギリスのメイ首相は、容疑者がイスラムの過激思想に影響されているという見方を示した。
  • 実行犯の男3人は警察官に射殺された。
  • 実行犯の男たちは、爆発物のようにみえるベストを身につけていたが、捜査当局は「偽物」としている。
  • 当局は「テロ事件」として捜査している。
  • 当時、現場にいたBBCの記者によると、車は時速50マイルで走っていた可能性があるという。

    CNNによると、当時、橋の付近には約100人がいたとという。

    ロンドンの救急隊も現場に急行したとTwitterで伝えている。

    現場の近くには、教会や博物館など歴史的な観光スポットがあり、常に多くの歩行者でにぎわっている。

    イギリスでは今年に入って、テロ事件が相次いでいる。5月22日夜、中部のマンチェスターの屋内競技場「マンチェスター・アリーナ」近くで大きな爆発があり、地元警察によると、22人が死亡した。競技場では当時、アメリカの人気歌手アリアナ・グランデさんのコンサートが開かれていた。

    また3月にも、ロンドンの議会議事堂の近くで、男が車で複数の歩行者をはねて、警察官をナイフで襲撃するなどして、5人が死亡した。

訂正箇所を連絡