ぽっちゃり体型の私を、引き締まった体の夫はどうして好きなの?

投稿日: 更新:
印刷

「パートナーにとって、私の体は魅力的?」一度でもそんな風に考えたことがある人は少なくないのでは。

そんな不安な気持ちを明るくしてくれる、ある夫婦の写真が話題になっている。

投稿したのは、Instagramのユーザーネーム Jazzy (@a_body_positive_jazzy) さん。引き締まった体の夫と、ぽっちゃり体型の自分が水着を着て手をつないで歩く写真を投稿し「なぜ彼はこんな体型の私を好きでいてくれるのか」綴っている。

「この男性は何年間も、私のぽっちゃりした体型、たるんでいる肉、それに肉割れを好きだと言ってくれました。だけど私は、その理由が全然わからなかった」

「なぜ彼は、こんなにも“完璧”でない私を好きなんだろう? 生まれつき引き締まった体型の彼が、どうして私のような体型の人を好きなの? お腹はまっすぐじゃないし、歩く時は体が揺れる。階段を駆け上がると、波打った肉が音を立てて、拍手しているみたい」

「だけど今私は、自分の体が“完璧”だと思えるようになりました。すると、余っている肉もぽっちゃりした曲線も肉割れも、私たちふたりを幸せにするものだとわかったんです。自分の体が好きになってやっと、彼がなぜ私の体を好きなのかも理解できるようになりました」

「自分の体を受け入れて、夫がなぜ自分の体が好きかを理解できた」という自分の経験を語るJazzyさんに、たくさんの好意的なコメントが書き込まれている。

「シェアしてくれてありがとう!!あなたの考え方、素晴らしいと思う。すごく共感できます!!」

「ありがとう、これを読んで自分に自信が持てるようになりました」

「あなたのメッセージは、年齢に関係なくたくさんの人を勇気付けてくれます。私も、20年前に自分の体が好きになれたら良かったなと思います。次のバケーションで水着を着る時には、もっと自信をもとうと思います」

一方で、こんな批判コメントも寄せられたという。

「あなたは、若い女性にとって最悪の事例です。骨と皮になる必要はないけれど肥満は良くない。子供たちと長く一緒にいたいと思わないんですか?」

「これは、外見より内側が大切とかいう問題じゃない」

Jazzyさんは批判コメントにこう答えている。

「この人は、私がとても健康で、子供たちのために健康に生きていると知らないんでしょう。私は健康的な食事をして、歩いたり、ジムに行ったりしています。きっとそれを知らないんじゃないかな。体が大きいから不健康で体に悪い生活をしているわけじゃないんです。私が伝えたいのは、ありのままの自分を好きになって欲しいということです。不健康な生活が良いと言っているわけじゃありません」

「14年前に私を虜にした男性。彼は今でも私のことを、私の全てを愛している! 自分を好きになって、自分の人生を楽しめるようになりました。大好きな夫と子供たちと一緒に」

プラスサイズ(大きめサイズ)のJazzyさん。他にもボディ・ポジティブな写真やメッセージを、同じように体型で悩む人たちに向けてInstagramに投稿している

「『セクシー』や『美しさ』は細さじゃない。あなたの心のサイズの問題で、ジーンズのサイズじゃないよ」

【関連記事】 ladiesbeopen
【イベント開催】
「かわいくなりたい」「痩せたい」「コンプレックスを隠したい」...見た目に対する欲求は、尽きることなく、日々私たちを悩ませます。

なぜ私たちは、こんなにも「見た目」について悩んでしまうのか?

このテーマをもっと深く掘り下げるために、2人のゲストを招き、ハフポスト日本版主催のイベントを6月28日(水)午後7時30分から東京・南青山で開催します。

イベントには、お笑い芸人・渡辺直美さんの専属スタイリスト・大瀧彩乃さんと、摂食障害を克服しハフポストブロガーとして発信した記事が話題を呼んだ野邉まほろさんがゲスト登壇します。皆さんと一緒に、「見た目にまつわる悩み」「コンプレックスを個性として受け入れること」などについて考えていきたいと思います

⇒イベント情報はこちら

---

ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp