bodipojitibu

「私は自分に対して『よくやった』と思ったことがなく、いつも『私はダメだ』とか、『もっとうまくできたはずだ』と思ってしまいます」
ボディポジティブに関するメッセージを発信することでも支持を得てきたリゾ(Lizzo)。声をあげるのは「未来の体の大きな黒人の女性たちのため」だと明かした。
『タイタニック』のローズ役などで知られる俳優のケイト・ウィンスレット。宣伝用の写真では、目尻のシワを修正され、2回送り返したといいます。
確かにこれまでのイメージと違う体型ですが、それが多くの人の共感を呼びました。
体のラインが見えない服を好んで着ていたビリー・アイリッシュ。「体や肌を見せるか見せないかで、あなたへの敬意が奪われるべきではない」
シミ、お腹のたるみ、毛深い身体...。「ありのままの身体を好きになろう」という考え方に憧れつつ、「そうは言っても」とどこか斜に構えてしまう。どうしたら自分の身体を本当に好きになれるのだろう?
過度なダイエットで、摂食障害とうつ病を経験した未来リナさん。回復した今、かつての自分のように苦しむ人のために、「恩返しのレシピ」を発信している。
ネットで体型批判や嫌がらせを受け続けてきたリゾ。それでも彼女は発信を続けています
「ショーはあくまでファンタジーだから」。そう言ってプラスサイズを起用していなかったヴィクトリアズ・シークレットが...
もし自分の容姿を好きになれなくても大丈夫。あなたはひとりではありません。