NEWS

東陽町で倉庫火災 避難した男性「ものすごい煙。あっという間に燃え広がった」

2017年06月20日 17時18分 JST | 更新 2017年06月20日 21時10分 JST

6月20日午後4時10分ごろ、東京都江東区の東京メトロ・東陽町駅近くの倉庫で火災が発生した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

産経ニュースによると、この火事で4階建ての倉庫5000平方メートルが焼け、22歳の男性が軽傷を負った。

ハフポスト日本版に対して近隣のオフィスに勤める30代の男性会社員が、写真を提供した上で、以下のように生々しい体験を語った。

「会社の窓が真っ赤に染まって、びっくりして外を見ると、近くにある解体中の建物のネットから火が出ていて、あっという間に燃え広がった。ものすごい煙が出ていて、窓を閉めているのに、通気口から煙が入ってきた。まもなく全館避難することになり、僕らもビルの外に出た」

kaji03

kaji01

男性は、ビルに入れないので早めに退社するという。