「やる気はあるけど怠け者」だとこうなる。イラスト14枚

投稿日: 更新:
印刷

やる気はあるし、向上心もある。だけど元来のんびり屋でダラダラしちゃうタイプだから、やろうと思っていたことが結局できない……。

そんな自分に悩んでいる人は落ち込まないで欲しい。それってきっとあなただけじゃない。

そんな気持ちを込めて、ニューヨーク在住アーティスト、クリスティーンさんがInstagramに描いているのは「やる気はあるけど、怠け者」なもうひとりの自分、クリスティーン。

クリスティーンは洗濯物をすれば……。



(上)「洗濯物をちゃんとする私は、責任感が強いしっかり者」
(下):洗濯物が乾いたら、ベッドの上に広げて昼寝

日曜日の朝にヨガをすれば……。



「このポーズをしばらく、キープするぞ」
……そのままzzz

土曜日の朝は出かける気まんまんだけれど……。



(左)午前11時「今夜出かけよう!」
(右)午後7時〜午前3時 布団にくるまって、スマホとネットフリックス

クリスティーンさんは20代。普段の自分の生活を元にイラストを描いているが、イラストの中のクリスティーンの方が、少し大げさで本当の自分だ、とハフポストUS版に語った。

「クリスティーンは、いつも完璧なんて無理だとわかっているので、完璧さを求めてはいません」

「女性はこうあるべきだ、という理想像を求められがちです。だけど、求められる通りに生きるなんて不可能。そう、クリスティーンは考えています」

完璧に生きようとすれば疲れる。クリスティーンはそんな完璧さを求める代わりに「彼女自身にとって一番良いと思える人生を送っている」そうだ。



(左)走る前。「私はアスリート。ストレッチして走るぞ」
(右)3マイル走って。「疲れた。もう走りたくない。どうせこうなるってわかってた。なんで走ろうなんて思ったんだろう」



洋服を選ぶとき
(上)「この服、全然似合わない」
(中)「着られる服が全然ないよ〜」
(下)「結局最初の服にするか」



生産性
(上)「ToDoリストも、計画表も作った。これで生産性があがる」
(左下)「やることがたくさんありすぎる」
(右下)ToDoリストから逃避。



一週間の髪型
(月曜日)髪を洗ってきれい
(火曜日)まっすぐ
(水曜日)半分アップで、半分下ろす
(木曜日)後ろでまとめる(オイルを使うこともある)
(金曜日)髪を洗ってきれい
(土曜日)色々使ってヘアアレンジ
(日曜日)帽子



アイスコーヒーの作り方
ステップ1 コーヒーを作る
ステップ2 コーヒーを作ったことを忘れる
ステップ3 気付けばアイスコーヒー



(左)「ママ、わかっている。私もう大人なんだから」
(右)FaceTimeでオーブンの中を見せながら「ママ、これぐらいでいいと思う?どうすれば焼けたってわかるの? これって焼き過ぎ?」



(左)出かける前 盛り上がってメイクもばっちり
(右)出かけた先 つまらなくて盛り下がる



泳ぎの覚え方
(右上)「溺れそう。もう死ぬかもしれない」
(左下)「立ってみて」
(右下)立てた



新しいブーツを買った
履いてみて「私っておしゃれ」
歩いたら「足がパンパン。血も出てる。誰か私を運んで」



サバイバルショー
左から
1日目 「サバイバルゲーム大得意」
2日目 「得意」
3日目 「何で参加したんだろう」
4日目 「お腹空いた……」



身をもって学んでいること
「うまくいかなくてもいいからとにかく何かを始めてみるほうが、何も始めないよりいい」

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。