NEWS

ホクロに悩まされた少女、ミスユニバースに挑戦 「私の個性と、新しく発見した自信を見せたい」

2017年07月04日 00時28分 JST | 更新 2017年07月04日 00時37分 JST

マレーシアの20歳、エヴィータ・デルマンドさんの顔や身体には、生まれつき、大小のホクロがたくさんある。

容貌のせいでいじめに遭うなど辛い過去もある彼女が、6月17日、Instagram上で、ミスユニバースのマレーシア代表選考への挑戦を発表した。「私の個性と、新しく発見した自信を見せたい」と話し、多くの人々に勇気を与えている。

Believe 🌼

Ave Evita Patcey Delmundo💋さん(@evita_delmundo)がシェアした投稿 -

エヴィータさんは、人気インスタグラマー。彼女の容姿に対してネガティブなコメントをする人々をものともせず、堂々と自分自身を表現する投稿が人気となり、若い女性を中心に5万人以上のフォロワーを抱えている。

マレーシアの地元紙、New Straits Timesによると、ミスユニバースに応募した際、登録カウンターの女性は驚いたような表情で彼女を見て、「勇敢ですね、あなたの幸運を祈ります」と話したという。

だが、エヴィータさんは、そんなことにはもう慣れっこのようだ。

エヴィータさんは小学生時代に「モンスター」や「チョコチップクッキー」と呼ばれるなどのいじめにあっていた。その頃は自分に自信が持てなかったという。

しかし、中学校で出会った友人たちは彼女をそのような扱いはしなかった。エヴィータさんは「私は初めて、自分が普通の人間のように感じた」とNew Straits Timesに語っている。教会のキャンプの体験や歌のコンテストに参加したことも、彼女が少しずつ自信を取り戻していくきっかけになったという。

ELLEマレーシアのインタビューで、エヴィータさんは、挑戦を決めた理由について、「私の夢だったから。私の個性と、新しく発見した自信を見せることができます。そして他の人々を刺激することになればと思う」と語っている。

2017年のミスユニバース・マレーシア代表と面会したエヴィータさん

最初はホクロの除去も考えたが、健康上のリスクがあると医師に診断された。エヴィータさんは今、「ホクロ除去をしなくてよかったと思っている」と語っている

「私はただ、ジロジロ見たり余計なことを言ってくる人を無視して、自分らしく生きているだけ。別に、私は後ろ向きな考えと必ずしも闘うべきではないと思う。そんな人たちは気にするに値しないのです。」

▼デジタル修正に失敗したファッション写真集(画像集)▼

デジタル修正に失敗したファッション写真集


※画像集が表示されない場合は→こちら


【関連記事】
実はこれ、私です」人気モデル、あえて加工された写真を投稿。その理由は... iskra lawrence
ladiesbeopen
ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そう女性のカラダ も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp