Ladies Be Open

生理の女性を隔離する風習「チャウパディ」。2005年に違法になったものの、現在も一部の地域では続いている。
LiLiCoさんとハヤカワ五味さんが登壇するトークイベントを8日に開催。参加者を募集します
PRESENTED BY ユニ・チャーム株式会社
食べるものに困るほど貧しい生活を送る人々は、生理用品にまで気が回らない。
映画「生理ちゃん」では、腹痛・イライラ・憂鬱感などの生理の症状が“生理ちゃん”というキャラクターを通して描かれる。
「ショーはあくまでファンタジーだから」。そう言ってプラスサイズを起用していなかったヴィクトリアズ・シークレットが...
ママ友、先生、自治体等...。多くの人に助けてもらいながら、娘の成長を見守ってきた。
「生理の貧困を無くし、子どもたちが自身の生理ではなく、授業に集中できるように」
「時代はいつもあなたから変わる」という言葉に込めた思いとは? 五十嵐真奈編集長に聞いた。
「君たちに生理が来ることはないけれど、関係しているのだよ。生理について知るのは自分の体の仕組みを知るのと同じように大事なことだよ」
もし自分の容姿を好きになれなくても大丈夫。あなたはひとりではありません。
奇跡的な効果をうたう大げさなダイエット商品広告は、削除されることになります。
「“皆勤賞”っていまもあるんですね。あれは、どうしてなくならないんだろう?」
他人の「自分とは違う考え方」が私の視野を広げ、私の価値観の発信は他の誰かの視野を広げることにつながる。
1980年代のアメリカに衝撃を与えたドクター・ルース。性をオープンに語ることで、多くの人たちを救ってきました。
チャンネル登録者数は約121万人。外見にコンプレックスを抱え、「なんでもいいから有名になりたい」と思っていた青年はなぜ、整形ではなく“メイク”にこだわるのか。動画配信を通して見つけた、本当の“自分らしさ”とは──。
モデルのアシュリー・グラハムの投稿に、多くの友人やファンが「勇気付けられる」とコメントしています。
メイクは自分に自信を与えてくれるものであり、自分を守ってくれる『鎧』です。