Ladies Be Open

恥ずかしいなんて思わないで。それは、自分の中で、自分は大切な存在だってことを、再確認する時間だから。
「生理の貧困」は発展途上国だけでなく、格差が広がる先進国でも問題となっている。
「生理について、性についてオープンに話そう」そう伝えているのだから、今なら私も書ける気がする。
生理の知識、もっと男女でシェアしよう。「#NoBagForMe」プロジェクトが目指すコトとは?
PRESENTED BY ユニ・チャーム
生理の女性を隔離する風習「チャウパディ」。2005年に違法になったものの、現在も一部の地域では続いている。
LiLiCoさんとハヤカワ五味さんが登壇するトークイベントを8日に開催。参加者を募集します
PRESENTED BY ユニ・チャーム株式会社
食べるものに困るほど貧しい生活を送る人々は、生理用品にまで気が回らない。
映画「生理ちゃん」では、腹痛・イライラ・憂鬱感などの生理の症状が“生理ちゃん”というキャラクターを通して描かれる。
「ショーはあくまでファンタジーだから」。そう言ってプラスサイズを起用していなかったヴィクトリアズ・シークレットが...
ママ友、先生、自治体等...。多くの人に助けてもらいながら、娘の成長を見守ってきた。
「生理の貧困を無くし、子どもたちが自身の生理ではなく、授業に集中できるように」
「時代はいつもあなたから変わる」という言葉に込めた思いとは? 五十嵐真奈編集長に聞いた。
「君たちに生理が来ることはないけれど、関係しているのだよ。生理について知るのは自分の体の仕組みを知るのと同じように大事なことだよ」
もし自分の容姿を好きになれなくても大丈夫。あなたはひとりではありません。