NEWS

ミス・ユニバース日本代表の父はあの人 阿部桃子さん頂点に

2017年07月05日 00時27分 JST | 更新 2017年07月05日 00時32分 JST
www.muj-chiba

2017年ミス・ユニバース日本代表を決める日本大会が7月4日、都内で行われ、千葉県代表のモデル、阿部桃子さん(22)がグランプリに輝いた

日刊スポーツなどによると、阿部さんは東京都出身で身長175センチ。テレビリポーター阿部祐二さん(58)とプロゴルファー阿部まさ子さん(56)夫妻の長女。ゴルフに16年間打ち込んでプロ大会の出場経験もある。今年春に聖心女子大を卒業した。

miss universe japan

ミス・ユニバース・ジャパンのFacebookより

阿部さんは、17年の夏以降に開催される「第66回ミス・ユニバース世界大会」に出場する。阿部さんは「ファイナリスト一人一人の気持ちを背負って、世界大会までの一分一秒を無駄にせず努力してまいります」と語った

父・祐二さんは3月、阿部さんと一緒に東京ガールズコレクションのランウェイを歩いた写真をTwitterに投稿していた。

阿部さんは、5日には祐二さんが出演する日本テレビ系「スッキリ!!」に父と生共演。世界大会に向け「昨日、日本代表になりましたが、今ここがスタート地点です。感謝の気持ちを込めて、ウォーキング、スピーチ、すべてを頑張ってきたいと思います」とスピーチした

「スッキリ!!」のTwitterも2人の写真をアップした。

ミス・ユニバースは、知花くららさんや森理世さんら人気モデルを多数輩出している。


▼画像集が開きます▼

Ariana Miyamoto

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。


関連記事 ホクロに悩まされた少女、ミスユニバースに挑戦 「私の個性と、新しく発見した自信を見せたい」
宮本エリアナさん「人種への偏見、日本と世界からなくしたい」【ミス・ユニバース日本代表】