NEWS

首都圏のJRで大規模停電 山手線、京浜東北線など7路線が一時運転見合わせ

埼玉県蕨市の変電所の停電が引き金

2017年09月05日 12時11分 JST | 更新 2017年09月05日 13時39分 JST
AFP=時事
京浜東北線のイメージ写真

山手線、京浜東北線など首都圏のJR東日本の複数の路線が9月5日午前10時ごろ、大規模停電の影響で運転を見合わせた。午前11時50分現在も、各路線で遅延が生じている

ハフポスト日本版がJR東日本に取材したところ、運転を見合わせたのは山手線、埼京線、京浜東北線、宇都宮線、高崎線、常磐線、湘南新宿ラインの7路線。その後、午前10時39分までに全線で順次運転を再開した。

午前9時57分に埼玉県蕨市内の変電所で停電が発生したことで、電車の運転ができなくなったという。同社では停電の詳しい原因を調べている。

【UPDATE】JR東日本によると、蕨交流変電所でパートナー企業が機器の点検作業中に操作を誤ったことが原因。特急列車5本を含む75本の列車が遅延し、約4万1000人の利用者に影響が出たという(13:39)