NEWS

「ローチケをキャンセルされた」ツイートで告発⇒会社が本人に聞いたらそんな事実なかった。

ネットでは一時炎上

2017年09月06日 17時40分 JST | 更新 2017年09月06日 17時41分 JST
ローチケHMVの公式サイトより

ローソンチケット(ローチケ)にかけられた「キャンセル疑惑」を、運営会社側が自ら晴らした。

ローソンHMVエンタテイメントは9月6日、ミュージカル『刀剣乱舞』のチケット購入をめぐって「入金後にキャンセルされた」とするツイートについて、投稿者に確認した結果事実がなかったことを確認したと発表した

騒動の発端は、あるTwitterユーザーが9月2日にした投稿。ミュージカル『刀剣乱舞』のローチケで購入したチケットが、自分で取り消しをしていないのにローチケ側からキャンセルされたなどと訴え、ネット上で注目を集めた。

これに対して同社は4日、公式サイトで声明を発表。ユーザーが投稿した領収書の番号から店舗を特定し、購入記録などを調べたところ、「入金後のキャンセルの事実は確認できませんでした」と主張。

ツイートの情報との相違があるため、さらなる調査が必要であるとして、同社に連絡をするよう投稿者に対して要望していた。

ローチケ側はさらに6日、調査結果についてと題した声明を発表。ツイートの投稿者に直接確認した結果として、「入金はされておらず、入金後のキャンセルや当社からのメール配信という事実は無かったことが確認されました」と発表した。

その上で、サービスの利用者に対して「システムやサービスに問題がないことを確認いたしましたので、引き続き、安心してご利用いただけますようお願い申し上げます」と呼び掛けた。