政治

山尾志桜里氏、離党検討の報道も

「週刊文春」が掲載した不倫疑惑を受けて

2017年09月07日 10時48分 JST | 更新 2017年09月07日 10時48分 JST
時事通信社
自身の政治資金をめぐる問題で記者会見する民進党の山尾志桜里前政調会長=2016年12月27日、愛知県名古屋市東区 

9月7日発売号の「週刊文春」で不倫疑惑が報じられた民進党の山尾志桜里・衆院議員が離党を検討していると、テレビ東京TBS NEWSが相次いで報じた。

山尾氏は当選2回。2016年には「保育園落ちた日本死ね」と書かれた匿名ブログを国会で取り上げるなど、舌鋒鋭い追及で注目を集めていた。

民進党の新執行部人事で幹事長に内定していたが、「週刊誌が既婚男性との交際疑惑を取材している」という情報が入ったため、前原誠司代表が起用を断念していた

山尾氏は6日、周囲に疑惑を否定した上で「きょうは一日、考えさせてほしい」と述べていたという。