yamaokokorozashisakurasato

山尾氏は議員引退後も人権デューデリジェンスの法制化を目指す考えです。単独インタビューに答えました。
今後については「しっかりと任期を全うしてから、自分なりの方法でお伝えします」とした。
JPACには保守派やリベラル派の議員が参加し、人権侵害を理由に制裁を科す「マグニツキー法」の制定を目指す。リベラル派が対中制裁を考えるその背景とは?
玉木雄一郎氏が代表、前原誠司氏が代表代行、山尾志桜里氏が広報局長に就任しました。
玉木雄一郎代表のほか、知名度の高い前原誠司氏や山尾志桜里氏も不参加の見込みだ。
「カード会社に令状なしで情報提供を求めるの控えて」山尾志桜里議員の質問に明確には答えず
無所属で当選していた。
「働いているから預かってもらうではなく、意識が変われば…」
「ヤクザ顔負けの脅迫取材で、子供の心も傷つける人権侵害の域に達している」