アート&カルチャー

なりたいもの1位は「お嫁さん」。これも、20代のリアル。

「ゼッタイ20代で結婚」雑誌『S Cawaii!』がめっちゃ煽ってる!?

2017年09月08日 12時56分 JST | 更新 2017年09月08日 14時14分 JST

主婦の友社
「S Cawaii!」9月号 表紙

20代で結婚しないと、まずい...?

主婦の友社が発行する女性誌『S Cawaii!(エスカワイイ!)』9月号で「20代で結婚する!」と題した特集が組まれた。

S Cawaii!編集部によると、多くの読者から「20代で結婚して子供を産みたい」との声があがってきたことが背景にあるという。

誌面では、20代で結婚した女性たちからのアドバイスとして「ゼクシィを冷凍庫に入れてキンキンに!」、「コンドームに穴をあけてさずかり婚」といった体験談も紹介され、Twitter上では「そんなハードコアに結婚に向けて仕込まなくちゃいけない切実さって必要なの?」といったもあがった。

■どんな特集内容だった?

表紙を飾ったのは、25歳の時にお笑いトリオのジャングルポケット・太田博久さんと結婚したS Cawaii!モデルの近藤千尋さん。

同誌は「ちぴ(近藤さん)みたいに」20代で結婚しよう、と読者に訴えかけた。

出産を経てS Cawaii!のモデルを「卒業」することになった近藤さんは、インタビューで、結婚や出産の喜びを語った。

▼近藤さんのInstagramで紹介された、S Cawaii!で撮影した家族写真

誌面には他にも「"婚活"に効く眉の魔法♡」、「なにがなんでも30才までに結婚した〜〜〜いっ!!!22才からの婚カツ♡」といった婚活のヒントやテクニックを、あらゆる角度から紹介するコーナーが並んだ。

Marie Minami/HuffPost Japan
S Cawaii! 9月号「今ドキ男女100人に聞いた 出会える職業TOP5」出会える職業1位は「居酒屋」...。

20代で結婚することを猛烈にプッシュするS Cawaii!9月号。30代でも50代でも、何歳になっても幸せな結婚はあるはずなのに、なぜこんな企画を立てたのか、ハフポスト日本版は、S Cawaii!編集部に聞いた。

■読者の「将来なりたいもの」、第一位は「お嫁さん」

——「20代で結婚する」という企画を実施するに至ったのはどういった背景からでしょうか。

S Cawaii! では読者のリアルな声を誌面に反映するために、毎月読者を呼んでアンケート会を開催しています。そこでよく聞くのが「20代で結婚して子供を産みたい」という意見でした。実際に彼女たちがあこがれている存在は、近藤千尋さんや、木下優樹菜さん、高橋愛さんなど、20代で結婚して幸せな家庭を築いている人ばかりです。

現在の20才前後の女性は安定した幸せ、そして生活を求めています。昔のように相手に高望みをするわけではなく、一緒にいて楽しく安心する身近な存在の相手がいいようです。

経済的な面もあるとは思いますが、精神的な安定をいちばんに考えていると思います。

——S cawaii! のコア読者は、実際に結婚願望が強いのでしょうか。

結婚願望が強い読者が多いのは確かです。最近のアンケート調査によると、将来なりたいものの第1位は「お嫁さん」でした。

■30代の編集部員は「後悔」している?

——「"私、30才までに結婚できるでしょ?"って思ってる女、ちょっと来ーい!」というコーナーがありました。どんな意図で企画されたんですか?

取材を重ねた結果、女性は結婚願望が強く、男性の方は意外と何にも考えていないのでは?という結論になりました。なぜなら男性が結婚を決めた理由の1位が「当時の彼女に不満がなかったから」だったからです。

彼を結婚する気にさせるためには、女性からの作戦が必要というのが企画の趣旨です。

Marie Minami/HuffPost Japan
30代を「売れ残り」と言い放っている、失礼なタイトル。

——コーナーの中に読者に対して「S cawaii! 編集部(ほぼ30代)が気づいた、悲しい分かれ道、マジ頭に叩き込んで」という言葉が書かれていました。編集部の皆さんはどういった「分かれ道」を感じてこられたのでしょうか。

30代になって結婚できていないことを焦っている、という意味です。まだまだ大丈夫だと思っていても、いざ結婚したいと思ったときに相手がいないというのが現状のようです。

20代のころから結婚を意識してお付き合いをしておけばよかったという後悔の気持ちでしょうか。

——「こうして私は結婚できました♡」コーナーの中に「コンドームに穴をあけて授かり婚!」という経験談がありました。実際の声の一例とはいえ、病気の感染等のリスクがあるほか、同意を得ないままの妊娠は、相手や生まれてくる子どものことを考えると、すすめるべきではないと思うのですが、どうお考えでしたでしょうか。

確かにおっしゃるとおりです。ただ、彼に結婚する意思があったということで、背中を押すための行為として受け取りました。決して推奨しているわけでなく、実際にあった経験談として(現にいま幸せな結婚生活をしているため)掲載した次第です。(読者が)ご不快に思われた点については反省しています。

Marie Minami/HuffPost Japan
体験談を「裏ワザ」として紹介している

——「結婚がゴールではない」と感じる人もいる一方で、この特集を見て触発されて結婚する人もいると思います。結婚した読者に、次はどんなことをおススメしてあげたいですか。

確かに結婚はゴールではありません。2人の生活が始まるわけですし、子供を授かればママとしての責任も生まれます。自分のできることを精一杯がんばってほしいです。11月発売予定のS Cawaii!では「夢を叶える」をテーマに特集を組む予定です。読者の「結婚の先の夢」が見えてくると思います。

  * *

東京都内に住む27歳の会社員女性に話を聞くと、「彼氏と同棲もしているけど、正直結婚のメリットが全然わからないので、参考にしてみようかな」と話した。

色々な"リアル"が、あるのだろう...。