ライフスタイル

「抱っこして」せがむ猫に、キュートな解決策

15歳の茶トラくん、とっても嬉しそう

2017年10月08日 10時13分 JST | 更新 2017年10月08日 10時21分 JST

猫はクールな生き物で、犬と違って甘えてこないと思ってない?

いやいや、猫の中にも甘えるのが大好きな猫もいる。

アメリカ・メーン州にあるアニマルシェルター「アニマル・レフュジー・リーグ・グレイター・ポートランド」で保護されていた15歳の茶トラ・ドギーは、とにかく抱っこが大好き。

同シェルターのFacebookによれば、抱っこされていないと「悲しそうな鳴き声が、銀河系のかなたから聞こえてくる」という。

職員も、可愛いドギーを24時間抱いていてあげたいものの、そうすると仕事ができないというジレンマがある。

そこで、職員のロバート・ウェイマーさんが考えついたのがこれ。人間の赤ちゃん用の抱っこ紐をアレンジした。

This is Robert, one of our awesome feline team members. And that there is Dougie, a 15-year-old cat who loves nothing...

Animal Refuge League of Greater Portlandさんの投稿 2017年9月15日(金)

「ロバートがドギーをハッピーにしながら、仕事もできる方法を考案しました」

ドギーはとても気に入ったようだ。

ANIMAL REFUGE LEAGUE OF GREATER PORTLAND
「嬉しい」ってドギーは言ってるのかな。

抱っこ紐には、さらに嬉しい効果が。

ロバートさんがドギーを抱く写真が拡散し、ある家族がドギーを引き取りたいと申し出たのだ。

And just like that, DOUGIE IS ADOPTED! Thank you to everyone who shared his photo yesterday. He reached more than 70,000 facebook friends and is now heading home because of YOU!

Animal Refuge League of Greater Portlandさんの投稿 2017年9月16日(土)

「ドギーは人間のそばにいるのが好きで、抱っこが大好き。おしゃべりな猫でキスもしてくれます。人間だけじゃなく、他の動物たちとも仲が良くて、毛繕いをしてあげることもあります」とシェルターのジェアナ・ロスさんは語る。

職員の愛とアイディアが、炎症性大腸炎でシェルターで治療を受けていた15歳のおじいちゃん猫を幸せにした。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。