あの人のことば

男性俳優も被害を告白 ハリウッドで蔓延するセクハラ

大物に股間を掴まれたが沈黙「追放されたくなかった」

2017年10月13日 12時34分 JST | 更新 2017年10月13日 14時59分 JST
REUTERS
テリー・クルーズ(2017年4月6日撮影)

過去30年に渡ってハリウッドの女優やモデルなど数々の女性に、性的嫌がらせをしてきたことが報じられた超大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン。

地位を利用し、女優らのキャリアアップと引き換えに体の関係を要求するなど卑劣な行為を繰り返してきた。「実は私も被害を受けた」と告白する女性が続出し、騒ぎはどんどん大きくなっている。

そんな中、ある黒人男性俳優が、ハリウッドにはびこる性犯罪の実態をTwitterで暴露し「自分の告白によって加害者を思いとどまらせたり、絶望している被害者を勇気づけたい」とつづった。

過去に自分が受けたセクハラ被害を告白したのは、元アメリカンフットボール選手で映画『エクスペンダブルズ』シリーズなどに出演しているテリー・クルーズさん(49)。

ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ騒動によって、自分が過去に受けたセクハラを思い出しPTSD(心的外傷後ストレス)を引き起こしていると綴った。

テリーさんは昨年、ある式典に参加した際に、妻も見ている前で、ハリウッドの大物に股間を掴まれるというセクハラを受けたという。

やり返そうとしたが、踏みとどまった。それは「100キロ越えの黒人、ハリウッドのドンを踏み潰す」というような見出しをつけて報じられてしまうだろうし、自分は逮捕されてしまうと想像したからだという。

その後、被害について周囲の人に話したところ、本人から電話がかかってきて謝罪され、テリーさんはそれ以上何も起こさなかった。その時の気持ちを以下のように綴った。

これ以上は何もしないと決めた。なぜなら(ハリウッドから)追放されたくなかったから。加害者の社会的パワーと影響力が大きかったから。(@terrycrews)

僕は水に流した。そして、同じ被害を受けた多くの女性がどうして水に流すのかがわかった。(@terrycrews)

誰があなたを信じるだろう?(ほとんどいない)、その波紋は?(大きい)、また働きたい?(イエス)、追放される準備はできてる?(ノー)(@terrycrews)

僕はこの仕事が好きだ。でも、自分の地位を利用しようとする人がいるのは残念だし本当にがっかりだ。(@terrycrews)

テリーさんは、「加害者はハーヴェイ・ワインスタインだけではない」、「これはハリウッドだけで起きていることでもない」とし、「全ての被害にあった人たちへ、あなたは一人じゃない」と綴った。

一連の告白に対して、Twitter上では「勇気ある告白をありがとう」などといった賞賛の声が相次いだ。

テリー・クルーズの告白は、セクハラ被害者は女性だけはないことや、男性だって告発していいんだという大事なことを伝えている。たとえあなたがどんなに、男らしくて強そうだったとしても。