これからの経済

「お金をもらってもウソはつかない」 元HKTゆうこすが語る、Instagramで稼ぐ人生

「私を好きになってもらうんじゃない、情報を好きになってもらうんです。」ステマ問題への考えも。

2017年10月19日 16時21分 JST | 更新 2017年10月20日 11時09分 JST

Go Furuya/HuffPost Japan

自称「モテクリエイター」、ゆうこす。本名・菅本裕子、23歳。

2012年8月、所属していたアイドルグループ・HKT48を突然脱退し、ニートになった。それから5年。Instagram、Twitter、YouTubeなどのSNSで「モテたい!」と宣言して、男性だけでなく"みんな"から好かれるための化粧や服装のテクニックを披露する。 フォロワー数は合計76万にのぼり、20-30代の女性がスマホ越しに動向を追いかける。

そんな彼女に対して、企業はお金を払って自社の美容商品などをPRしてもらうようになった。アイドルから"インフルエンサー"となったゆうこすに、SNSを使ってお金を稼ぐ「コツ」と「ステマ問題」を聞いた。

後編はこちら: ネットで服を売るアイドルゆうこす 目指すのは次世代の「ジャパネットたかた」なのか

■テンプレート化された投稿に「不信感」

——企業からの依頼でフォロワー25万人を抱えるInstagramで商品をPRしていますね。宣伝であることを隠してファンを騙す「ステマ」についてはどう思いますか。

そもそもの大前提として私は、"PRイコールだめなモノ"とは考えていません。ルールを守って「#PR(ハッシュタグPR)」をつけて商品を紹介するのは悪いことじゃないですし、私という人間を信頼して、自社の商品をPRしてほしいと頼まれるのは嬉しいです。

ただ、世の中には"PRイコールだめなモノ"と思われる風潮も確かにあって、その状況を作って来たのは、発信する側なんだろうなとも思います。

企業から渡されたテンプレート化された文章を使って、普段のその人らしくない投稿をしてしまっていたら、フォロワーが不信感を持つのも無理ないと思います。しかも、何人ものインフルエンサーが、ほぼ同じ内容で同じハッシュタグをつけて投稿している状況なので、せっかくフォロワーがその人に対して感じていた信頼感が一気に薄れますし、結果としてPR投稿自体が敬遠されてしまうのもわかるような気がします。

菅本裕子、なんとDiorさんから新商品をプレゼントしてもらいました、、やばい、、😂😂🙏🙏💗💗💗みんなのおかげ、、 . 「ディオールスキン フォーエヴァークッション」っていうクッションファンデなんだけど、せっかくなんで使ってみた感じをみんなにレビューするね🤗💋 . ゆうこクッションファンデ結構好きで色んなの使ってるんだけど、これはカバー力あって毛穴レスな感じだけどぱっと見ナチュラルな肌にしてくれた!🌹クッションファンデの水々しい感じはもちろんあるけど、プラスでちょっとマットな感じ?だった!おしゃれな肌って感じ! #Dior #ディオール #フォーエヴァークッション #クッションファンデ #ディオールクッション #フレッシュマット肌 #ファンデーション #ベースメイク #ディオールスキンフォーエヴァークッション #PR

菅本裕子♡ゆうこすさん(@yukos0520)がシェアした投稿 -

——実際に企業からテンプレート化された文章を渡されて「この通りに投稿して」と頼まれたことはありますか。

ありますね。でも、私の場合は、いただいたテンプレート文章をそのまま使うことはありません。ご相談をいただいたら、自分のフォロワーに対しては、こんなやり方で投稿した方がより反響が生まれると思います、と逆提案させてもらいます。

SNSって、テレビみたいに「誰かが作ったシナリオがある」と思いながら見ているメディアと違って、日記のような感じでリアルな気持ちや出来事を本音で発信する場なんですよね。だから、「作られた感」を感じてしまうとフォロワーさんは敏感に反応して、だまされたっていう気分になっちゃうのかなぁと思うんです。

なので私の場合はPR案件であっても、私の本音できちんとフォロワーに情報を届けるように心がけています。

——具体的にどういった「逆提案」をされたのでしょうか。

コスメのPR案件で、クライアントさんから、商品を私の顔の横に置いて写真を撮って投稿してください、という依頼をいただいたことがありました。でも、顔と商品を並べた写真を見せられても、私が発信する意味が全くないですし、私がフォロワーだったらもっと商品情報を詳しく知りたいはずだと思ったので、もっと商品情報にフォーカスした動画を作って投稿させてください、と逆提案しました。

クライアントさんから送られてきた商品も、最初は1種類だったのを全種類手配していただいて、フォロワーに細かく商品の色味や使用感を伝える解説動画にしました。

▼動画を用いたPRの事例

今回の #ゆうこすコスメレビュー は、マジョリカマジョルカ(@majolicamajorca.offcial)から昨日発売された新商品「ラインマニア」を詳しくレビューして行くよ🙆💓 ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ※わかりやすいように、カラコン、アイシャドウ、マスカラは使ってません!🙅 ㅤ ㅤ ㅤ 実は発売前にマジョマジョさんからプレゼントして頂いていたの😭ありがとうございました、、!🙇‍♀️💕 ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ それで、しばらく使ってたんだけどかなり良くて🤔ゆうこの普段メイクのアイライナーはこれになったから、紹介しつつ詳しくレビュー動画撮影した🤗💓 ㅤ ㅤ 上まつげの隙間を埋めて、黒目を強調するように黒目の上と下にラインを引いてぼかしたよ🤔💕 ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ・950円(税別) ・ディファインブラック、ディファインブラウン、ピンクブロンズの3色展開 ・ウォータープルーフ ㅤ ㅤ 基本的にはこんな感じだった! ㅤ ㅤ だけど、これよいな〜と思ったのは、なんか「ピンクパール」っていうのと「ブラックパール」っていうのが配合されてるらしく🤔 ㅤ ㅤ 動画を見てもらったらわかると思うんだけど、ツヤツヤ&優しい色味が◎ ブラックは黒々しくない優しいふんわりブラック。 ブラウンは焦げ茶っぽいけどふんわり。 ピンクブロンズは可愛すぎ😂これが一押し!ピンクパールが一番わかる!🙆 ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ゆうこは今、上まつげの隙間をブラウン、下まつげの隙間をピンクブロンズ。の組み合わせにはまってる☺️💕 ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ 細めの芯だし、するすると描きやすいタイプの物だし、こすっても水で流しても消えなかったし、まつ毛ケアしてくれる美容成分入ってるし( これ最強😂)詰め替え式だし、、というわけで、ゆうこすポーチの「アイライナー部門」は、最近これなんだ🤔💗 ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ #ゆうこすコスメレビュー 今回も、楽しんでくれたら嬉しいなっ☺️💕! キュレーションアプリくらい、見ごたえがあって、見ていて楽しいInstagram目指してるもんっ♡😂笑 ㅤ ㅤ 次もお楽しみに〜!気になる新商品とかあったら教えてねっ🤔! ㅤ ㅤ #マジョリカマジョルカ #ラインマニア #ゆうこすコスメレビュー #黒目アピール #コスメ #Wトリック効果 #メイク #アイメイク #アイライナー #メイク動画 #レビュー動画 #コスメレビュー #make #マジョマジョ #MAJOLICAMAJORCA

菅本裕子♡ゆうこすさん(@yukos0520)がシェアした投稿 -

——動画で商品の詳細を伝えるPR投稿に対して、フォロワーの反応はどうでしたか。

フォロワーからの反応はすごく良くて、私の普段の投稿と比較してもかなりたくさんの数のいいねがつきました。「わかりやすい」、「すごく為になった」といったコメントもつきました。

最初のオーダー通りの投稿だと数秒で終わるところを、動画撮影や編集で何時間もかけて作業して、手間もすごくかかっているんですが、結果は思った通りの大成功でした。フォロワーが私に対して寄せてくれている信頼も裏切らずに済みましたし、ゆうこハッピー、クライアントハッピー、ファンハッピーで、3ハッピーになりました。

Go Furuya/HuffPost Japan

——みんながゆうこすさんみたいにSNSを使えば、もっと"ハッピー"が広がると思うんですが...

発信する人がブレてしまっているからかもしれません。フォロワーに対してこんな発信をしたいとか、逆にこんな発信しかしたくないなどといった意思を持って投稿を続けないと、フォロワーも戸惑うし、エンゲージメントも下がっていくと思います。

——なかなか強いハートが必要ですね。

確かに、自分ひとりでテーマを見つけ出そうとするのは、結構難しいですよね。「どういう情報なら需要があるのかな」とユーザーの反応を探りながら見つけていくといいのかもしれません。私も以前はTwitterで「〇〇食べたよ〜」みたいな他愛のない内容を含めて、色んな種類の投稿をしていて、割と芯のないアカウントだったんです。今思うと、かなりブレてましたね。

でも、発信していく内にコスメやファッションの情報へのいいねが増え始めていることに気づいて、テーマを絞っていきました。それが今の、美容情報を主に投稿するInstagramアカウントにもつながっています。

■Instagramで検索、それって何のため?

——Instagramのフォロワーは25万人。かなり手応えを感じているんじゃないでしょうか。

そうですね。色んなSNSアカウントを同時に運用していますが、Instagramが一番自己プロデュースには向いています。私のInstagramアカウントは「モテの教科書」になるように日々情報を更新しています。

例えばユーザーは、化粧品について知りたい時、カラーバリエーションや品番についてはGoogleで検索して公式サイトへ行くんですけど、いざ買おうかってなった時には「発色はどうか」「使い心地はどうか」など、リアルな感想を求めてInstagramで検索するんです。

だから私のInstagramアカウントは、そういったユーザーのニーズに応える情報を細かく丁寧に載せることを意識しています。テキストも2000字ぐらい書きます。逆に、意外と思われるかもしれませんが、自撮り写真とかはほぼ投稿しないです。本当に実用的な情報を伝える有益な場を目指しています。

Instagramでは、私のことを好きになってもらうというより、私の発信する情報を好きになってもらうことを意識しています。それが結果的に一番の"自己プロデュース"になるというのが面白いですよね。

ゆうこすさんへのインタビューの後編は10月20日公開予定です。ライブ動画配信プラットフォームの活用法などについて聞きました。

▼『SNSで夢を叶える〜ニートだった私の発信力の育て方〜』発売中

KADOKAWA

▼ゆうこす(菅本裕子)さんプロフィール

1994年5月20日生まれ。「モテクリエイター」と宣言。

タレント、モデルとしても活躍し、20代女性を中心にInstagramで紹介した商品が完売するなど、カリスマ的人気を誇る。

2017年、9月に『SNSで夢を叶える〜ニートだった私の発信力の育て方〜』(KADOKAWA)を発売。『#モテるために生きてる!』(ぶんかしゃムック)も発売中。