広告を考える

「おそらく女の子ですよ」。医師からそう告げられた夫婦は、最初は喜ぶものの...。
ジャーナリストの治部れんげさんが講師をつとめ「内部でおかしいと思っている人はいるのに、その方たちの知見が生かされていない」などと指摘した
「女性がもっと自分らしく生きるためには、自由に生きることが大事。姓の選択はその一つだと思います」
「人種などのデリケートな問題をオープンに議論する習慣がない日本では、激しい議論を呼んだ」
青と赤をあわせて団結の力を示したというが、ネットでは「そんな簡単じゃない」と批判され、冷ややかなコメントが相次ぐ。
Twitterで瞬く間に反響が広がった「かぜの時は、お家で休もう!」と謳う風邪薬の広告。コピーが生まれた背景にはどのような考えがあったのか、企業側に聞いた。
コンプレックスを煽る広告に「NO」を突きつけたヤフーの判断に、「業界に広がってほしい」などと賞賛の声が相次いでいます。
誰のための広告なの?ミニスカートの#萌えキャラ広告で抱いた疑問。