NEWS

上野村の山中にヘリ墜落 4人死亡、一時火災が発生 群馬県

役場には「火災が起きた」との連絡が相次いで寄せられました。

2017年11月08日 15時57分 JST | 更新 2017年11月08日 19時08分 JST
東邦航空のホームページ
墜落したヘリと同型機のアエロスパシアル式AS332Lスーパーピューマ

11月8日午後、群馬県上野村の山中にヘリコプターが墜落した。上野村役場によると、現場から乗員とみられる4人が遺体で発見された。

遺体は損傷が激しく、現在のところ性別や年齢などは分かっていないという。

役場には午後2時半ごろ、消防や村の住民から「火災があった」との複数の報告が寄せられた。ヘリは橋の上に墜落し、一時火災が発生したとみられるが、すでに消し止められたという。

【UPDATE】(2017/11/08/19:00)

NHKニュースによると、墜落したのは「東邦航空」が運行する大型ヘリ「スーパーピューマ」。山梨県にある東京電力の発電所に、補修工事に使う建設資材を運んだ後、栃木県に向かっていたという。

死亡した4人は、機長と整備士の男性計4人とみられており、警察が身元の確認を進めている。