特集

勝手に家までついてきたノラ猫、気付いたら家族になっていた

「これってもしかして、猫を飼ってる?」

2017年11月28日 18時03分 JST | 更新 2017年11月28日 21時35分 JST
Twitter / @AConnorManning

その痩せっぽっちで汚れた猫に出会ったとき、カリフォルニア州ロサンゼルスに住むコナー・マニングさんは恋人と別れたばかりだった。

猫は、落ち込んでいるマニングさんに甘えてきて離れようとしなかった。

あまりの可愛さに、マニングさんは猫の行動をツイートし始める。

それは、人間と猫の間に生まれた、深い絆の始まりとなった......。

「ものすごく人懐っこい猫に、道で出会って仲良くなった」

「後をついてきた」

「家の中に入ってきたぞ」

「一緒にベランダにいる」

「名前はソックスにした」

「めちゃくちゃ仲良くなってしまった」

「家の中に戻った」

「ソックスがのどをゴロゴロさせてる」

「もしかして自分は猫を飼っているのか?」

「ソックスは、家の中があまり好きじゃないみたいだ。もちろん、好きな場所で好きなことをやっていい。もし家にいたいようだったら、ご飯をあげよう」

「ここで寝たいかもしれないから、念のためベッドを作ってあげた。何かソックスが食べられるものがあったらよかったんだけど」

「家を出なきゃいけなかったけど、ソックスは寝ていたから、水と遊ぶための箱を置いてきた。帰った時にまだポーチにいてくれるといいんだけどな。いなくなったとしても、また遊びに来て欲しい」

「家に帰ったらソックスはもういなかった。安全な場所で幸せに生きていて欲しい。また来てくれたらいいな」

「ソックスが帰ってきたよ!!!」

「明日、エサとノミの薬を買ってこよう。猫のこと全然知らないから、これから猫に必要なものを調べる」

「ソックスが、のどをゴロゴロ流しながら、手をモミモミしている。可愛すぎて死ぬ」

「世界で一番眠たい靴下(ソックス)だから、起こさないで」

「ソックスに飼い主がいないかどうかを調べるために、明日獣医に連れていって、マイクロチップが埋め込まれていないか調べよう」

「獣医にきました。お利口にしているソックス」

「マイクロチップはなかった!生後6カ月らしい。これから一緒に住むことになるのだろうか。今のところ、何の計画もない」

出会い、突然の別れ、そして再会と物語のような展開のツイートに思わずドキドキしてしまう。

ところが、家族になろうとしたマニングさんとソックスの前に、大きな壁が立ちはだかった。

実はマニングさんは、猫アレルギーだったのだ。

「ソックスと一緒にいられないかもしれない。24時間一緒にいると、ひどいアレルギーになるんだ」

マニングさんは、ソックスを飼ってくれる人を探し始めた。

「職場で、ソックスを飼ってくれる人がいるかもしれない。一生の家族がみつかればいいけれど。それまでは自分の大切な家族だ」

だけど......。

「うんこしたいのに、ソックスがトイレにいて邪魔する」

「こんな顔をされたら、仕事にいけないじゃないか」

マニングさんは気付いた。もうソックスと離ればなれになるのは無理だ。

そして解決法をみつけた。「アレルギーの薬を飲んだら、症状が落ち着きました」と、マニングさんは動物ニュースサイト「The Do Do」に語る。

アレルギーという障害を乗り越えたマニングさんとソックスは、正式に家族になった。

「我が家へようこそ、お嬢さん。これから一緒に住むんだよ」

「ソックスのためなら死ねる」

恋人と別れて傷心だったマニングさんのTwitterやInstagramは、今ではソックスとのラブラブな写真でいっぱいだ。

ソックスも、Instagramアカウントもつくってもらって、フォロワーは7000人を超える。

I'm home

Connor Manningさん(@aconnormanning)がシェアした投稿 -

「ソックス、帰ったよ〜」

............

家族のかたち」という言葉を聞いて、あなたの頭にを浮かぶのはどんな景色ですか?

お父さんとお母さん? きょうだい? シングルぺアレント? 同性のパートナー? それとも、ペット?

人生の数だけ家族のかたちがあります。ハフポスト日本版ライフスタイルの「家族のかたち」は、そんな現代のさまざまな家族について語る場所です。

あなたの「家族のかたち」を、ストーリーや写真で伝えてください。 #家族のかたち #家族のこと教えて も用意しました。family@huffingtonpost.jp もお待ちしています。こちらから投稿を募集しています。

おすすめ記事

国民の半分が貧困層、4人に1人が栄養不良。スーダンの子供たちから夢を奪わないために[Sponsored]

松本人志「ドキュメンタルを見ている人だけにわかる優越感の笑いがある」[Sponsored]