家族のかたち

イギリスのデパート「ジョン・ルイス」が2022年のクリスマス広告で光を当てたのは、見過ごされがちな里親家庭でした
さまざまな事情で親と暮らせない子どもは全国で約4万2000人います。そんな子どもを家庭で受け入れる「養育里親」を続けている齋藤直巨さんに、里親家庭の暮らしと課題について聞きました。
女性たちは、あまりにも早く授乳をやめると「ひどい母親」と言われ、ちょうど良い時期にやめなければさらに悪い評価を下される
結婚30年の記念日に、お互いへの想いをSNSに投稿しています
作者の羊の目さんは「暑さのやわらいだ夏の夜に火を焚いて先祖をお見送りするという行為に、寂しさと優しさと愛情を感じます」と話しました。
描きたかったのは、愛情の欠乏ではなく愛しすぎること。一人の里子と家族が過ごした1640日の最後に起きたのは――。
「(他の子と同じように)がんばれ」と幼稚園児の次女に伝えていた作者のぽにぽにママさん。「私のように後悔する人が一人でも減りますように」と話します。【2022年 上半期回顧】
GoogleXの共同創設者で、4人の子の母親。ヨーキー松岡さんが目指すウェルビーイングな暮らしのソリューションについて聞いた。
男女共同参画白書で提言された「配偶者控除の見直し」。家族のケアなどで働きたくても働けない人からは不安の声が上がる。代わりにどのような支援制度が必要なのか。
「自分が何者かを知りたい」。東京都を相手取り提訴した江蔵智さん。血縁上の親を探す理由は、自分のためだけではない。【2022年 上半期回顧】