家族のかたち

会員の実話をもとに、依存症者の家族がどう対応すればよいか解説した。
毎年一緒に祝ってきた記念日。今年は会えなくなったけれど――。
結婚を見据えた恋愛はしなくなりました。籍を入れて互いの将来を縛ることに、価値が見いだせなくなったのです。
男に頼らずとも、女が一人で生きていくことは、十代の頃に自分が夢見た姿だ。夢が現実になったけれど、現実はそう甘いものではない。
子どもの心のケアや“ボーナスママ”の複雑な心境。──家族のかたちが多様化した社会でも、まだまだタブーや、向き合うことが難しい問題は存在している。
日本は世界的にみても、月経や妊娠・出産のことに関するリテラシーが低く、これからは男性も女性ももっと知っていく必要があります。
好評連載 第5回 LiLiCoの「もっとホンネで話そう。私たちのこと」
初めての別居生活の間に、夫はとてつもなく高い“スルースキル”を身につけたらしい。
「『自分は家庭を優先する。仕事が全てでは無いんだ』と示す行動自体に、象徴的な意味があります」と研究者は話す。
「結婚改姓するかしないかを、選択できる制度」の実現を目指し、「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」が支援を呼びかけている。
「社会が夫婦として認めてくれたら、家族揃って社会の輪の中に入っていけるのです」。会見を開いたカップルが語ったことは
「結婚の自由をすべての人に」訴訟に、新たな原告が加わる。一橋さんと武田さんが、国に伝えたいこととは?
私たちは、他の人が家で普段どんな風にどんなものを食べているのか知らない――。新連載「食卓を縫う」
「異性カップルと違って同性カップルは法律上認められていない、劣った存在」という偏見や差別を生み出していると原告側は主張している
海外で見た“ある光景”が人生に目標を与え、動物が苦手だった男はペットテック企業の経営者になった。
「形式的」、「待ちのゲーム」...。子を授かるためのセックスとは実際にはどのようなものかを男性たちが語った。
横になって休む聖母マリアの横で、生まれたばかりのイエスをあやすヨセフの姿を投稿しました。