家族のかたち

「家族は作られるものであって、いろいろな形があっていい」。自身も養子として育ったという河瀨監督に話を聞いた。
フェニックスさんにとって、27年前に亡くなった兄はずっと導いてくれる存在だった
母は、「あなたを産んだことは後悔していない」と言う。けれど、彼女の人生を壊したのは私なのかもしれない。
全米オープンで勝利したウィリアムズ選手。3歳のオリンピアちゃんは、Instagramフォロワーを60万人以上を持つ人気者です😊
多分、もっと気楽にやれば良いんだろうと思う。しかし、どんな場でもそこにふさわしい振る舞いをすべきだと、母親になった自分自身に厳しい目を向けている。私が怖いのは他人ではなくて、自分自身なのだ。
幼い頃は、経済的に“普通の家庭”だった。「貧困」の始まりは、父親の病気が始まりだった━━。
「家長に従え?長男信仰?ナニソレ」と思っていたけれど、真っ向から否定するのは違うのかもしれない…
PRESENTED BY Rethink PROJECT
コロナ禍によって、多くのひとり親家庭に「負の連鎖」がもたらされる現在。そんな中、あるシングルマザーの家庭では、小さな希望が生まれ始めています。
ぼくは、聴覚障害者がテーマになる番組を真っ直ぐに観ることができなくなってしまった。どうしても母のひとことが頭をよぎってしまうのだ。