家族のかたち

子ども用のベッドで添い寝。シャワーは30分交代制。食事は出ず、3食全て病院の売店。「おにぎりとパンとスープ春雨を朝昼晩と繰り返す日々は本当に辛かった」と振り返りました。
コロナで大切な人と会いづらくなり、コミュニケーションはどう変わる? そのヒントが、ある家族にあった。
PRESENTED BY Amazon
夫が「主夫」になることで、家族の笑顔が増えた実体験を漫画にした『主夫をお願いしたらダメですか?』。作者の弓家キョウコさんに、自身も「主夫」を担うライター・遠藤光太さんが話を聞きました。
「素敵な家族」「幸せが溢れてますね」などの声が寄せられている。
パートナーとの子どもを望まず、一人で妊娠出産する女性のことをデンマークでは「ソロママ」と呼ぶ。一人で子どもを産み育て、恋人は欲しくなった時に出会えばいい。そんな選択をするデンマークの女性たちの話です。
実家の母が、「一人暮らしをしてみたい」と言い出した。還暦まであと数年に迫っていた。仲が悪いわけではないのだが、実家の5人家族全員がいまはバラバラに暮らしている━━。 ライターの息子が母にインタビュー。これは、母親と家族の自立の話だ。
生まれ持った名前は、私にとってとても大切なものだった。それを失ったということに、8年経ってやっと気が付いた━━。
2人での出場は最後になるであろうオリンピックをキスで締めくくりました
「何だって達成できるということを示すことができた」。念願の金メダルを手にしたデーリー選手、喜びを語りました。
「スポーツに携わる女性にとって正しい決定であり、女性が前に進むことができると思います」と喜びを語っています