NEWS

すかいらーく、通勤中の喫煙を禁止に? 社屋禁煙だけでは「抜け道」がある

「喫煙直後の息がお客様に有害な影響の可能性がある」などと、担当者は述べた。

2017年11月27日 12時27分 JST | 更新 2017年11月28日 17時33分 JST
時事通信社

レストラン大手「すかいらーくグループ」(東京都武蔵野市)は12月から、本社の全面禁煙化に合わせて、社員の通勤中の歩きたばこも禁止する。

ハフポスト日本版の取材に対して11月27日、明らかにした。

同社は11月末で、現在の屋上などに設けた喫煙スペースを全て廃止。さらに自宅から本社までの通勤区間内の歩きタバコや、休憩時間における周辺のコンビニでの喫煙も禁止する。

社屋を禁煙にしても、敷地外で喫煙する「抜け道」が発生するケースを踏まえ、勤務日における禁煙を強化する狙いだ。

対象となるのは、本社に勤務する約300人。勤務日であれば土日や祝日も含まれ、「アイコス」などの電気加熱式たばこも禁止する。

ただし、本人の私生活に配慮して、あくまでも努力義務とし、罰則などは設けない。

すかいらーくグループは、2014年から禁煙運動に取り組んでおり、幹部の大半が禁煙したり、社員に禁煙パッチを配布したりしている。ファミリーレストラン「ガスト」「ジョナサン」など全国に約3000店を展開し、各店舗でも禁煙や分煙を実施している。

同社の広報担当者はハフポスト日本版の取材に対して、「健康経営を推奨しています。社員には心身ともに健康でいてもらいたい」と説明。

通勤中の歩きタバコを含めて禁煙の徹底を決めた理由について、「たばこを吸った直後に接客をすると、呼気を通じてお客様に有害な影響が出る可能性がある。サービス業という性質上、禁煙の意識を新たにしたい」と述べた。

おすすめ記事

(C)2017 YD CREATION

台本もなければ、視聴者を誘導するテロップもない。こんなに目が離せない番組があっただろうか。[Sponsored]