アート&カルチャー
2017年12月17日 15時38分 JST | 更新 2017年12月17日 17時07分 JST

浅草の『金色のうんこ』 ⇒ ドラゴンボールの筋斗雲に大変身

そう、悟空のフィギュアさえあればね。

東京・浅草の名物となったアサヒグループホールディングス本社ビル隣の「スーパードライホール」屋上の「金のオブジェ」。

ネット上では「金色のうんこ」と呼ばれることも多いが、あるTwitterユーザーの絶妙なアイデアで、人気アニメ『ドラゴンボール』の主人公、孫悟空が乗る筋斗雲に大変身した。

撮影者のペキンさんによると12月15日、バンダイ本社ビルの悟空を見に行こうと思って、浅草を訪れた際に、アサヒビールのモニュメントを見かけて、筋斗雲に似てるなと思ったのがきっかけだという。

ハフポスト日本版の取材に、以下のようにコメントした。

偶然、悟空のフィギュアを持っていたので、乗せてみたら意外にもしっくり来ました。撮影の際には、悟空と筋斗雲がちょうどい良いサイズになる距離感に気をつけました。

ネット上では「違和感がないですね」「あんたいい人だ!」「これなら納得」と絶賛する声が広がっている。