浅草のシンボル「金のうんこが消えた」Twitter上で騒動に。果たして真相は…?

正式名称は「フラムドール(金の炎)」です。
|
「アサヒグループホール棟(スーパードライホール)」(東京・墨田区)
「アサヒグループホール棟(スーパードライホール)」(東京・墨田区)
時事通信社

隅田川のたもとに鎮座する、雲のような形をした金色の変わったオブジェ。東京・浅草を訪れた人なら見覚えがあると思います。

このオブジェは、東京・墨田区の飲料メーカー「アサヒグループホールディングス」本社ビル隣にある「アサヒグループホール棟(スーパードライホール)」の屋上にあるもの。1989年、アサヒビール創業100周年を記念し、同ホールと共に建設されました。

フランスの著名なデザイナー、フィリップ・スタルクさんが燃え盛る炎をデザインしたもので、正式名称は「フラムドール(フランス語で金の炎)」。全長は44メートル、重さは360トンにもなります。

その個性的な形から、巷では「金のうんこ」の愛称でも知られる、浅草のランドマークの一つです。

Kei Yoshikawa
吾妻橋西詰から眺める。
吾妻橋西詰から眺める。
Kei Yoshikawa
Kei Yoshikawa
Kei Yoshikawa

これは一体どういうことなのか。ハフポスト日本版はアサヒビールに取材しました。

同社の担当者によると、オブジェは現在、色の塗替え工事中だそうです。ただ、「塗替え」といっても別の色にするわけではなく、「日に焼けたりなど、老朽化した部分を塗り直す作業」とのこと。

オブジェのお色直しは2005年以来2回目で、工事完了は12月上旬を予定しているそうです。

ピッカピカになった「フラムドール」がいまから待ち遠しいですね。