WORLD
2017年12月22日 17時11分 JST | 更新 2017年12月22日 17時15分 JST

韓国の警察官、飛び降り自殺を防ごうとして9階から転落 一体何が起きたのか 

巡査部長は足を滑らせ、転落した。

韓国警察の巡査部長が、うつ病患者の飛び降り自殺を防ごうとして、9階から転落して死亡する痛ましい事故が起きた。一体何が起きたのか。

12月21日20時11分、韓国南部の大邱のあるマンションから通報が入った。韓国のニュースメディア「Newsis」によると「息子が着火炭を買ってきた。自殺しそうだ」という内容だった。チョン・ヨンホ巡査部長(40)は、同僚の警部補と出動した。

10分後、2人は到着した。「京郷新聞」によると、通報者の息子Aさん(30)はうつ病を患っていたという。

警部補は、居間でAさんの父親と精神科治療に関して話した。巡査部長は部屋で、AさんとAさんの母親と話をした。

その時、Aさんがいきなり立ち上がり、別の部屋に入ってドアに鍵をかけた。

Hankyoreh
チョン・ヨンホ巡査部長(40)

巡査部長が後を追ってドアを開けようとしたが、開かなかった。部屋の中から、Aさんが窓を開ける音が聞こえた。

巡査部長は、Aさんのいる部屋に窓から入ろうと、他の部屋の窓から出て、9階建てのマンションの外壁をよじ登りはじめた。

ハンギョレ」によると、巡査部長には4歳の息子がいた。彼の妻(36)は、夫が夜勤を終えて帰ってくるのを自宅で待っていた。

巡査部長は足を滑らせ、転落した。

慶北大学病院に搬送されたが、翌日未明2時47分に死亡した。

大邱寿城区寿城療養病院にて葬儀が行われた。巡査部長の妻と息子、母、同僚の警察官が葬儀場を守った。24日、大邱寿城警察署で、告別式が行われる。


ハフポスト韓国版から翻訳・編集しました。