NEWS
2018年01月26日 15時12分 JST | 更新 2018年01月26日 15時12分 JST

登坂淳一アナ、フジ報道番組を辞退 セクハラ疑惑報道にコメント「身に覚えのないことも多く」

元NHKの登坂淳一キャスターが、所属事務所を通して声明を発表した。

Nirad via Getty Images
フジテレビジョン本社ビル=東京・港区

フジ番組辞退の元NHK登坂淳一、セクハラ疑惑報道に困惑「身に覚えのないことも多く」

一部でセクハラ疑惑が報道され、4月2日からスタートする夕方の『報道・ニュース新番組(仮)』(月~金 後4:50~)のメインキャスターを辞退した元NHKの登坂淳一キャスター(46)が26日、所属事務所を通じてコメント発表。疑惑については「身に覚えのないことも多く、困惑するような内容で非常に残念ではあります」とした。

書面を通じて登坂キャスターは「4月から新たに始まるフジテレビのニュース番組のキャスターのお話をいただいていたのですが、今回の週刊誌報道でお騒がせしたことを受けて、出演を辞退することにいたしました」と報告。

報道内容については「身に覚えのないことも多く、困惑するような内容で非常に残念ではありますが、大事な新番組を傷つけることは本意ではなく、自ら身を引く潔さも大切と思い至るようになりました」と思いを記し「今後も様々なお仕事に挑戦していく所存ですので、何卒よろしくお願いいたします」と呼びかけている。

なお、所属事務所は今回の報道に関して「フジテレビ及び各関係者様には多大なご心配をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」とし「関係者の方々にご迷惑をお掛けできないと、苦渋の判断を行い、弊社からフジテレビに出演辞退を申し上げた次第です」と説明している。

登坂キャスターはNHKでお昼のニュースなどを担当し、その風貌から"麿(まろ)"の愛称で親しまれてきた。今月16日の起用発表の際には同局を通じて「2018年。私は"1"から"8"に転身し、新しく挑戦しながら元気の出る放送を温かくお届けしていきます! 忙しい夕方の時間、春から、一緒に過ごしてみませんか? よろしくお願いします」と意気込みを語っていた。

【関連記事】