BLOG

映画『我々のものではない世界』/愛する家族と友人の姿から、パレスチナ難民の思いを丁寧に綴る

2014年12月17日 00時20分 JST | 更新 2015年02月14日 19時12分 JST

レバノンのパレスチナ難民キャンプ、アイン・ヘルワ。『我々のものではない世界』(2012年)は、そこで育ちデンマークへ移住した監督の父が遺したホームビデオから始まり、監督自身がキャンプに「里帰り」するたびに撮りためた映像を織り交ぜてキャンプの変貌と個々のパレスチナ難民の複雑な思いを描き出している。

偏屈な祖父、鳥好きの叔父、親しい友人の姿を、「当事者でもなく完全な外部者でもない」監督が丁寧に追っていく。月日が経つにつれ、親友が何かに苛立ち、やがては何もかもに絶望的な感情をぶつけるようになる。もううんざりだ、と吐き捨てるように言う友人。

そしてついに、彼は難民キャンプから抜け出してヨーロッパへ渡る決意をする。それは、「不法移民」になることを意味していた。

このドキュメンタリーは、来年1月に開かれる「アムネスティ・フィルム・フェスティバル」で上映される。

A WORLD NOT OURS - Official Trailer from Nakba FilmWorks on Vimeo.

「難民」は、パレスチナと切り離せない言葉である。1948年のイスラエル建国時に故郷を追われたパレスチナ人は、パレスチナ自治区、ヨルダン、レバノンなどの周辺国に逃れてきた。その際に難民となった人びととその子孫で、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に登録している人びとが、約500万人いる。

無国籍状態におかれているパレスチナ難民は、基本的にUNRWAの管理下にあるが、第三国への移動は非常に難しく、逃れた先の国によっては、過酷な生活を強いられ続けている。

なかでも、レバノンのパレスチナ難民の状況は悲惨である。

現在、レバノンには約45万人のパレスチナ難民が住んでいる。レバノンの人口が約443万人なので、実に10人に1人がパレスチナ難民だ。ところがレバノン政府は、難民には国連が認めた帰還権があることを理由に、パレスチナ難民からさまざまな社会的権利を奪い続けている。

レバノンのパレスチナ難民は市民権を与えられず、就労を制限され、不動産所有が禁止されている。2010年のベイルート・アメリカン大学の調査によれば、レバノンで雇用を得ているのはレバノン在住パレスチナ難民の37%に過ぎないという。高い貧困率と失業にあえぐも、公的教育や医療施設を利用することもできない。パレスチナ難民への教育、保健、福祉などのサービスはUNRWAが提供しているが、その予算は縮小している。

パレスチナ帰還に向けた道筋も和平も見えないなか、仕事も持つこともできず、鬱屈した気持ちで難民キャンプで暮らす日々。こうした状況から脱し、ここ---「我々のものではない世界」---とは違う自らの人生を渇望し、本作品に登場する監督の友人のように「不法移民」になろうとも欧州へ渡る道を選ぶ若者は少なくないという。

なお、映画のタイトルは、1972年に36歳で暗殺されたパレスチナ人作家、ガッサン・カナファーニーの小説からきている。

***********************************

◆◇◆ アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015 開催!チケット発売中◆◇◆

2年に一度開催されるアムネスティ映画祭。2007年のスタート時から「今日、映画を観る自由があった」をコンセプトに、フィクション、ドキュメンタリーなどジャンルを問わず、さまざまな視点から人間の尊厳や自由の大切さを問う作品を上映してきました。

5回目となる今回、ここでご紹介した、『我々のものではない世界』をはじめ、日本初公開や劇場未公開作4本を含めた、珠玉のドキュメンタリー全8作品を上映します。

-------------------------------------

■日 時:2015年1月24日(土) 11:00上映開始/1月25日(日)10:30上映開始

■会 場:ヤクルトホール(港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル)  

■チケットのご案内

【前売り券】2日券:3,700円(学生3,200円)/1日券:2,500円(学生2,000円)

【当日券】当日:2,700円 (学生2,200円)

-------------------------------------

★ アムネスティ映画祭で上映する、その他のおすすめ作品

キューバ、中国、イランの女性たちが、悩みながら自国の人権問題をインターネットで発信する姿を追った『禁じられた声』(2012年)、反戦を訴え英国議会前でのテント生活を続けた男ブライアン・ホウを追った『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』(2009年)など、その他6作品を上映します。

詳細・チケットのご購入(アムネスティ・フィルム・フェスティバル 公式サイト)

http://www.amnesty.or.jp/aff/

アムネスティ・インターナショナル日本 公式サイト

http://www.amnesty.or.jp/

2014-12-16-AFF_banner.jpg

***********************************