rebanon

倉庫に保管されていた爆発物が原因か。レバノンの首相は、今回の爆発の責任の所在を明らかにさせると語っています。
私は昨年11月から12月にかけて、ゴーン氏に直接インタビューし、その内容を含む著書を4月に予定されていた公判までに出版する予定になっていた。
日本メディアの質問に直接応じるものではなく、ゴーン被告が会見をコントロールする状況は変わっていない。
「このゲームはフィクションです。実在の人物・団体・国家・施設とは無関係です」という注意書きがあるが……。
日産時代を彷彿とさせるような自信に満ちた様子で、大きな身振り手振りとともに表情豊かに持論を展開。記者に向かって30秒以上手を合わせる場面もあった。
ゴーン被告の弁護団の1人、高野隆氏がゴーン被告の密出国についてのブログを更新。「裏切られたという思いである」と思いをつづる一方、自身の見解を示し、日本の司法制度への苦言を呈した。
「私はもはや日本の司法制度の人質にはならない」と主張しています。
人生で初めて足を踏み入れた中東、レバノン。そこには「紛争」や「テロ」といったイメージとはまた違う街並みが広がっていた。
レバノン出身のムワワド作品は、自身の難民体験に基づく狂気と魂の叫びを持つ衝撃的な物語