BLOG

アーティスト続々参加で話題、星の観測データから生まれた旋律で音楽CD制作へ 資金調達中

2015年04月03日 14時17分 JST | 更新 2015年06月01日 18時12分 JST

2015-04-02-1427953652-2326092-ALMAboenkyo.jpg

©ALMA(ESO/NAOJ/NRAO)

「宇宙」「音楽」「アート」を掛け合わせたこれまでにないプロジェクトに、大勢のアーティストやクリエイターが参加し、話題を呼んでいる。

史上最大規模の高性能望遠鏡「アルマ」がとらえた、寿命を迎えつつある星「ちょうこくしつ座R星」の観測データから生まれたメロディーをアーティストらがアレンジし、CDアルバムを制作する計画だ。実現の資金を調達するため、クラウドファンディングサイト「A-port」で支援を募っている。

2015-04-02-1427958687-9411122-alma.png

気鋭のアーティスト、続々と参加

企画を立ち上げたのはアートプロデューサーの林口砂里さん、国立天文台の平松正顕助教、クリエイター集団「PARTY」の川村真司さんら。

2015-04-02-1427958739-3406406-7.jpg

(林口さん提供)

参加アーティストは、澤井妙治▽蓮沼執太▽湯川潮音▽伊藤ゴロー▽milk(梅林太郎)▽Throwing a Spoon(トウヤマタケオ×徳澤青弦)▽mito(クラムボン)▽滞空時間▽Christian Fennesz▽Steve Jansen(いずれも敬称略)と国内外で活躍する豪華メンバーだ。

星から生まれたメロディーを、彼らはどのような音楽に仕上げるのだろう。

目標調達額200万円、実現させましょう!

2015-04-02-1427958926-567343-alma.png

A-portより

クラウドファンディングでは200万円の調達を目指す。締め切りの5月22日までに目標額に届いた場合のみ実行されるとあって、開始1週間で約50人が支援。実現すれば、支援額に応じてCDやグッズが先行入手できるといった「リターン」(特典)が用意されているのも魅力だ。すでにさまざまな応援メッセ-ジが寄せられている。

テーマもメンバーも、素敵な組み合わせですね。 ぜひ出来上がった音たちに浸らせて下さい♪ 実現させましょう。応援しています

宇宙の創造する波長と、地球上のアーティストがどんな音楽を創っていくのか、楽しみにしています。プロジェクトが実行されますように!

世界中の研究者が挑む、宇宙の謎

アルマは、南米チリ北部、標高5000メートルの高地にある、パラボラアンテナ66台を組み合わせた巨大な電波望遠鏡。なんと、視力は「6000」(!)といい、東京から大阪に落ちている1円玉が見えるほどの精度を誇るという。

世界21の国・地域が参加し、日夜、各国の天文学者が研究を重ねている。様々な展覧会の企画・運営に携わってきた林口さんは、国立天文台の平松助教からアルマのプロジェクトについて聞き、「世界中の天文学者が力を合わせて、壮大な宇宙の謎に挑んでいる」と感銘を受けた。激しい国際競争の場である研究の分野で、各国が協力して観測に臨んでいる点に、「地球人」としての意識を感じた。アルマでの観測データは1年後に公開され、世界中の研究者が自由にそのデータを活用できる点にも驚いた。

アルマの観測データをアートに

「多くの人に、『アルマ望遠鏡』のことを知ってもらうため、アート作品で表現したい。アルマのデータから何らかのアートを生み出し、広く伝えられないか」

2015-04-02-1427959955-8942143-a8ac55ab7b3c477da1bab6817cfda0ba

©ALMA(ESO/NAOJ/NRAO)

クリエイターにアイデアを求め、PARTYの川村さんが提案した。星から発生するガスをアルマで観測したデータをもとに、ガスが多く発生する箇所をオルゴール盤に投影して穴を開け、オルゴール盤を再生してメロディーを奏でるというものだ。星は、寿命が近く、渦巻き状にガスが吹き出している「ちょうこくしつ座R星」を選んだ。

異なる70の周波数で観測したデータから、70の旋律が生まれた。「誰かが作曲したわけではないのに、なぜか悲しげな旋律に聞こえる」と林口さん。アルマ望遠鏡に携わっている研究者たちも、データを音楽に置き換えるというアイデアに驚いたという。

2015-04-02-1427959301-2211188-DSC_0549.jpg

(穴を空けたオルゴール盤) 

金沢21世紀美術館でも展示決定

オルゴールの音色は、昨年10月24日から今年の2月1日にかけて東京・六本木の「21_21 DESIGN SIGHT」での企画展「活動のデザイン」展で披露された。さらに5月26日から、北陸新幹線開業に沸く金沢21世紀美術館でも展示されることが決まった。

支援額4千円から、CD先行入手

「星から生まれた旋律を聴きながら、宇宙の神秘に思いを馳せてほしい。CD制作の実現のため、ぜひご支援をお願いします」と林口さん。

支援は朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A-port」で募っている。500円から支援できる。ファンディングが成功すれば、支援額に応じてリターンを受け取れる。制作したCDを発売前に受け取ることができるのは4千円の支援から。メンバーからのお礼メッセージや活動報告、公式サイトへの名前掲載、オルゴールの音源データのダウンロードといった特典もある。

詳しくはA-portへ。