profile image

森達也

映画監督、作家

1956年、広島県呉市生まれ。テレビ番組制作会社に入社後、報道系、ドキュメンタリー系の番組を中心に、数々の作品を手がける。1998年、オウム真理教の広報担当・荒木浩が主人公のドキュメンタリー映画『A』を公開。2001年、その続編である「A2」で山形国際ドキュメンタリー映画祭の特別賞・市民賞を受賞。著書多数。近著は『オカルト』(角川書店)、『A3』(集英社文庫)、『虚実亭日乗』(紀伊國屋書店)など。
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images

最優先すべきは命だ

結果的に官邸は二人を救出できる芽を摘んだ。さらに火に油を注いだ。それも何度も。しかも二人が拘束されて身代金の請求があったその時期に、安倍首相は(大義なき)選挙に踏み切った。
2015年01月25日 21時57分 JST
時事通信社

平田信初公判の日の夜に思ったこと

元オウム信者である平田信初公判の日の夜、僕はNHKにいた。ラジオ番組「私も一言!夕方ニュース」に出演するためだ。番組のディレクターから出演依頼があったのは一ヵ月ほど前。でも最初は返事を保留していた。この裁判で自分が語るべきことがあるとは思えなかったからだ。
2014年01月23日 18時52分 JST

崇高な使命のために戦ったというのなら、なぜ一年や二年の禁欲すらできないのですか?

今朝のテレビニュースなどを見ているかぎりでは、日本維新の会の橋下徹共同代表の発言について、多くの識者やコメンテーターが、一部の理はあるとの同意を示している。確かに一部の理はある。ただしその一部の理は、慰安婦や公娼制度を保持していたのは日本の軍隊だけだと硬直的に思い込んでいる人たちに対してのみ、意味を持つ理だ。
2013年05月28日 00時16分 JST