Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Autoblog日本版 Headshot

「まるでフェラーリ」イタリア初のEVスーパーカー【画像】

投稿日: 更新:
印刷

2014-10-24-6.jpg

イタリアのスーパーカーは、一部の富裕層だけでなく世界中のクルマファンを惹きつける存在だ。子供の頃(大人になってからも)、クラシックなフェラーリのポスターを部屋の壁に貼った人も多いだろうし、ランボルギーニを見て、視線が釘付けになった経験のある人もいるだろう。そんなイタリアンスーパーカーに初のEV、テクニカー「ラヴィニア」が加わった。

テクニカーは、「ジーニアス」という電動の小型シティーカーを開発した伊シチリアの電気自動車メーカー。そんな同社は現在、電気モーターが最高出力789hpを発揮するというオール電化スーパーカー「ラヴィニア」の開発に取り組んでいるという。今のところ詳細は明かされていないが、未来の技術を紹介するブログサイト『Inhabitat』によれば、0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は300km/hに達するとのことだ。そして満充電時の航続可能距離は180マイル(約290km)と、こちらも申し分ない。またこのレンダリング画像を見る限り、ボディの外観はフェラーリのようにエキゾチックだ。テクニカーは、来年4月にモナコで開催されるオートショー「Top Marques Monaco」で公開するために、ラヴィニアのプロトタイプを製作中であるという。より詳しいスペックもその時に明らかになるだろう。

レノボ・モーターズリマック・オートモービリ、スピーラ、APPLUS IDIADAなど、世界各地で開発が進められているEVスーパーカー。近い将来、フェラーリとランボルギーニの間にこんなクルマたちのポスターが飾られる日が来るかも知れない。

Close
イタリア初のEVスーパーカー、テクニカー「ラヴィニア」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

By John Beltz Snyder
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

(2014年10月23日Autoblog japan「まるでEV版フェラーリ! イタリア初のEVスーパーカー、テクニカー「ラヴィニア」」より転載)

他のサイトの関連記事

新型EVスポーツ SP:01、市販モデルを予告…目標は世界最速EV

SAE中国が開幕、EV普及施策の「十城千両」が仕切り直しへ

【パリモーターショー14】VW パサート GTE…EV走行距離は最大50km[詳細画像]

アメリカで蔓延している「EV-D68」とはどんなウイルスか