profile image

長妻昭

衆議院議員 元厚生労働大臣

私は、大学卒業後、NECに入社して大型コンピュータの営業マンを5年間した後、日経BP社に途中入社して、「日経ビジネス」という雑誌の記者を4年間しておりました。親が政治家でもなく、しがらみの無い立場で政治に取り組んでいます。 記者時代、官僚や政治家の取材をしていくうちに、多くの日本の問題点を痛感し、政治家を志しました。 私は、初当選以来、次の目標に向けて取り組んで参りました。  ○「官僚の常識」でなく、「国民の常識」で国を運営する。  ○生活する人の立場に立つ格差の小さな社会を創る。 今後とも、古い政治・行政の体質を変えて、さらに目標を達成するために努力して参ります。 経歴 昭和35年6月 練馬区生まれ 都立練馬高校卒業(中野区、練馬区、杉並区が学区) 慶應義塾大学法学部法律学科卒業(民法新田敏ゼミ所属 音楽サークルリアルマッコイズでバンド・ヴォーカル) 日本電気株式会社入社 汎用コンピューターの営業(当時、メモリー16メガ、ディスク800メガほどのコンピューターが数千万円しており、隔世の感あり) 日経BP社に途中入社。日経ビジネス誌の記者に。金融危機をはじめ幅広く取材・執筆(最初は電機メーカー担当、後半は金融、行政、政治担当に) 平成12年6月衆議院議員初当選・小選挙区東京7区(渋谷区・中野区) 元厚生労働大臣・年金改革担当大臣 現在、衆議院議員6期目 役職(現在) 民進党東京第7区総支部長 これまで、厚生労働大臣、年金改革担当大臣、衆議院厚生労働委員長、厚生労働部門会議座長、民進党代表代行などを歴任 趣味 映画鑑賞、カラオケ、サッカー、キャンプ
Bloomberg via Getty Images

「経済成長を優先するのか、再分配を優先するのか」フィリピン・マレーシアで考える

マレーシアとフィリピンに行って参りました。日本企業の工場訪問をはじめ、多くの政治家や財界人やNPOで働く方々とお会いしました。また、フィリピンでは、ごみのリサイクルによって生計を立てている貧困の方々の現場も視察いたしました。
2014年09月22日 16時53分 JST
時事通信社

資金力のある組織に手厚すぎる政治

私は、皆様に衆議院議員として雇っていただいて15年目になります。この間、常に感じているのは、日本は、大きな献金ができる資金力のある組織に政治が引っ張られすぎている、ということです。
2014年08月22日 22時31分 JST