profile image

カロリーナ・ラリエラ

元国連職員

ニューヨークの国連本部で10年働いた経験があり、国連平和維持活動に従事。2002年に独立宣言をした東ティモールでは、政府の変革にかかわった。イラク戦争中、バグダッドにて寡婦の雇用と経済的権利のためのプログラムを開発した。2003年、テロリストによるバグダッドの国連事務局攻撃で生き残り、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と闘いながら、スイスのNGOの南米事務所をスタートし、ブラジルの代理店で国際支援をコーディネート。ポンティフィシア カトリック大学とIBMEC大学で教鞭をとる。現在、ハーバード大学フェロー。専門はブラジルとアルゼンチンの公共政策。

バグダッドの国連への攻撃から10年、セルジオ・ヴィエラ・デ・メロを追悼して

私はセルジオが具現化した闘争の強調を目的に、それが必要でありながら否定し続けるこの世界の中で、今こう言います、彼への深い愛を込めて。10年目にして、アメリカと国連は効果的かつ貢献的な釈明と賠償の行動をとる必要があり、それによって犠牲者はついに今日まで奪われていた真実へ触れる権利を手にするのです。
2013年08月19日 17時45分 JST