profile image

野田聖子

自民党衆院議員、党総務会長

1960年福岡県生まれ。帝国ホテル勤務後、岐阜県議会議員を経て、87年に衆院議員選挙で初当選し、現在7期目。第一次小渕内閣で郵政大臣に就任。以後、内閣府特命担当大臣(科学技術政策・食品安全)などの閣僚を歴任した。著書に『私は、産みたい』(新潮社)など。
Getty

2020年の日本

2020年...先のように思えても、あっという間だと思います。1960年生まれの私はなんと、年女です。
2014年04月08日 23時35分 JST

卵子を凍結しておけば安心、ではない

技術は進み、高いお金を払えば卵子を保存することは可能になりました。しかし、前述したように確実に凍結させた卵子を使えるかどうかはわからないのです。また、たとえその卵子が使えたとしても、妊娠時に母体が若いほうが出産までのリスクが低いことは言うまでもありません。
2013年09月25日 01時54分 JST

初めての海外旅行!

先日の記事で触れた日韓フォーラムには息子を連れて行きました。体が不自由なことでどうしても普段は行動範囲が限られてしまうので、こういう機会があったらできるだけ一緒に連れて行きたいと思っています。
2013年09月21日 01時01分 JST

日韓フォーラムに参加しました

私は小渕内閣で初入閣し、郵政相を務めましたが、小渕首相と金大中大統領は1998年に日韓共同宣言を出しています。これを契機に日韓の文化交流が進み、日本では韓流ブームが起きました。日韓は今、ぜひ個々の原点に戻ってほしいと思います。
2013年09月17日 23時25分 JST

息子が動き始めました

以前にも書いたように、二歳半の私の息子はいろいろな障害を抱えています。ゼロ歳の時に起きた脳梗塞のせいで、右半身が不自由。気管を切開して人工呼吸器をつけているので話をすることもできません。当然、ハイハイもできません。お座りするだけでした。でも、その息子が動き始めたのです。
2013年07月23日 16時35分 JST

参院選も終盤に

アベノミクスはまだ道半ば、これからです。アベノミクスによって、日経平均で7000円台だった株価がほぼ倍になるなど、着実な成果を上げています。
2013年07月16日 00時00分 JST

私の一日

朝6時、10時、午後1時、6時、10時。今の私の生活の軸となっている時間です。2歳になる息子の食事の時間です。
2013年06月04日 00時17分 JST

私の考えるダイバーシティ政策...その1

私が少子化やダイバーシティ政策についてよく聞かれるのは、「何をしたらいいですか」ということです。 それに対する答えは「何もかも」です。
2013年05月28日 00時08分 JST

総務会長という仕事

自民党の長い歴史のなかでは、議論を尽くして最後は全会一致、というルールが破られたこともあります。それは私も大きくかかわった、小泉純一郎政権での郵政民営化が議論のときでした。郵政民営化の関連法案が総務会にかけられたときのことです。
2013年05月23日 17時16分 JST

アベノミクス、成長戦略は女性活用

安倍政権は政権公約の一つに、「にいまる・さんまる」(2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする目標)を掲げています。私はその公約が発表されたとき、正直申し上げてとても驚きました。
2013年05月06日 14時34分 JST