BLOG

パパ必見!実は、東京競馬場は父子連れでのおでかけのおススメの穴場!

2014年09月12日 15時10分 JST | 更新 2014年11月09日 19時12分 JST

秋の風が感じられるようになってきましたが、まだまだ夏は終わらない!水遊びにアスレチック、困った時のオムツ替えにも便利な東京競馬場にお出かけしてみませんか? たまには奥さんにお休みをあげたくても子どもと二人、どこへ行けばいいのか・・・ そんなパパにも快適に過ごせる府中競馬場の魅力をお伝えします。

【東京競馬場】乳児から小学生まで楽しめる施設が盛りだくさん!

場内は広々!まずは日吉が丘へ

2014-09-10-huf3.jpg

午前中についたら水遊びができる「馬シャ馬シャパーク」でひと遊び。オムツがとれていなくても噴水が出てくるタイプの遊び場なので気兼ねなく過ごせます。

2014-09-10-huf4.jpg

この日は平日で近くの幼稚園帰りのお子さん達を連れてお昼を食べるママたちや、遅い夏休みと思われるパパと一緒に訪れているご家族などがいました。暑い日は熱中症に気をつけて水分補給や帽子を忘れずに遊びましょう。

2014-09-10-huf5.jpg

他にはアンパンマンの石像が置かれていて子ども達に大人気!レースがある日は丘をあがるとコースも見渡せるので動物好きなお子さんはここだけでも大満足です。きれいな芝なのでレジャーシートを広げて拠点を作るのもいいですね。

※ただし丘の上に日陰はないので注意してください。コースに向かって左手には競走馬の練習場があり、平日のこの日も何頭か走っていました。

2014-09-10-huf6.jpg

他にも水遊び場を取り囲むようにアスレチックが設置されています。

2014-09-10-huf7.jpg

オムツ替えや休憩も心配なくできます

2014-09-10-huf2.jpg

日吉が丘の隣にある「メモリアルスタンド」は6階建ての建物。この中にはレストランやファーストフードもたくさん入っているので遊んだ後の休息に利用するといいかもしれません。「ベビーチャイルドコーナー」もあるのでオムツ替えやミルクも落ち着いてあげられます。

水遊びで疲れたお子さんはお昼寝の最中かもしれないので、気候が良ければ外の売店でのんびり軽食を食べるのもまた楽しいですよ。ちなみにこの日はレースがなく建物に入れなかったので撮影できず・・・ 平日の利用は事前確認が必要だと思いました。

しめくくりはミニ新幹線がある遊具広場

ミニ新幹線の他にここにもアスレチックがあります。小学生向けのものと幼児向けのものがあるのでお子さんに合わせた遊具で遊べます。新幹線とアスレチックを行き来するお子さんも多いようなので、男の子はここだけで一日終わってしまうかも・・・

広場の隣には「フアフアターフィー」という空気で膨らんだ遊具があり、中に入ってジャンプしたり転がったりして遊べます。小さなお子さんだとちょっと尻込みしてしまうかもしれないのでお子さんの様子を見つつ挑戦してみてください。ちなみにこちらも整備中で入れず残念な思いをしました・・・

まとめ

2014-09-10-huf1.jpg

今回紹介した施設の他にも日本庭園やクラシックな馬車の体験、競馬博物館などがあります。土日はポニーとのふれあいタイムもあるようです。その日の気分で全く違った遊びができるので「とりあえず困ったなぁ・・・」という時には最適です。

※レースがある時は大人の入場料が200円かかります。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

JRA東京競馬場