ikumen

「働くパパママ川柳」に5万4千の応募があった。ほかには「テレワーク タスクかかえて 子もかかえ」「Uberで 届けてほしい 離乳食」などが選ばれた。
ストックホルムの公園で見た「衝撃的な光景」が制度導入のきっかけに
「長友ドリーム」と名付けたプロジェクトを、6月20日に発表する長友佑都。約10年に渡る海外生活で変化した、新たな“日本男児”の理想像とは?
「骨折したって社員が数週間休むことはある。出産は10カ月も前からわかっているのですから、休ませることができないってことはないと思うんですよ」
共働きの私たち これって平等じゃないの?
フリーランスで働く私が、育児家事をより多く担うのは当たり前のことだ。
対象となる男性社員の9割が育休を取得。先進的な取り組みで知られる。
「お母さんに優しい国」フィンランド。赤ちゃん用品が詰まった「育児パッケージ」を受け取り、父親になる感動を体験したことから、起業して世界中へ「ベイビー・ボックス」を届けているヘイッキ・ティーッタネンさんに聞いてみた。「父親になった時、どんな気持ちでしたか?」