BLOG

サイボウズ式:【第7回】文字や画像が表示されるしくみ──こびと同士の会話

2017年07月15日 22時33分 JST | 更新 2017年07月15日 22時33分 JST

サイボウズのプログラマーの"プロさん"に、コンピューターやプログラミングについて聞くシリーズ「プログラミングって?」。

前回は、遠く離れたコンピューターを結ぶため、世界は海底ケーブルでつながっていて、そこを情報が通っていることを学んだよね。今回は情報を伝える方法について知ろう。コンピューターの中のこびとたち(しくみ)はどうなっているんだろう?

※この連載は、毎日新聞社発行の月刊誌「NEWSがわかる」で連載している記事の転載です。

光の点滅パターンで伝える

2017-07-07-1499402174-7414779-20170707_programming07_01.jpg

プロさん:文字や画像を伝えるために、コンピューターがどう働くのか、その中にこびとがいると想像してみよう。

人間に指示されると、こびとはケーブルに向かって光を点滅させるよ。たとえば、「A」という文字を送るときは、イラストのような点滅になる。どういう点滅が「A」になるかは、あらかじめ決めておくんだ。8個の点滅は256通りあるよ。

漢字を表現するには足りないから16個や24個の点滅で送るんだ。画像や動画も点滅で送るんだよ。どういう点滅で何を表現するかとか、どっちのこびとが先にしゃべるのかとか、何から順にしゃべるのかは全部あらかじめ決めてあるんだ。こういう決めごとを「プロトコル」というよ。

こびと同士の決めごと

プロさん:こびと同士が通信するために、ケーブルでつながっているのは先月の紹介の通りだけど、こびと同士はそれだけですぐに会話できるわけではないんだ。こびとが同じ言葉を理解していないと、間違ったものが表示されてしまうことがあるよ。「文字化け」って見たことがある子もいるかもしれないね。文字化けは、こびとが言葉を間違えたときに起こるものなんだ。

こびとたちの会話のルールはたくさんの種類がある。ルールには、A,Bという文字の伝え方だけでなく、画像や動画の伝え方も定められているし、安全な通信手順などもあるよ。

(転載元:ニュースがわかる・発行:毎日新聞社/イラスト・斉藤恵/©サイボウズ/毎日新聞社 2017)

プログラマーって何しているの? IT企業の中身はどうなっているの? 中学生が聞いてみた

【第1回】 プログラミングってなんだろう?

【第2回】プログラムで動くもの──ごはんを炊く炊飯器もプログラミングで?

【第3回】人間を支えるプログラム──プログラミングって?

【第4回】スマホはどういう仕組みになっている?──スマホのなかのこびとたち

【第5回】無かったことにできるしくみ──コンピューターのすごいところ

【第6回】世界は線でつながっている──インターネットって何だろう?

2015-07-22-1437549096-3034502-cybozushikiLogo150.png

サイボウズ式」は、サイボウズ株式会社が運営する「新しい価値を生み出すチーム」のための、コラボレーションとITの情報サイトです。

本記事は、2017年7月6日のサイボウズ式掲載記事【第7回】文字や画像が表示されるしくみ──こびと同士の会話より転載しました。