Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Dr. Travis Bradberry Headshot

大富豪やオリンピック選手、大成功した人には14の習慣があった

投稿日: 更新:
印刷

2016-04-22-1461358788-6754023-14ThingsRidiculouslySuccessfulPeopleDoEveryDayHP.jpg

世の中には、大成功を収めている人たちがいる。彼らは一体どういう人なんだろう。彼らを駆り立てているのは、一体何なのだろうか。そして何より、何が彼らをそれほど成功させ、生産性を高めているのだろう。

その答えを知るための方法の一つが、彼らをよく知り、実際に話を聞くことだ。

「成功者を目にするとき、あなたに見えるのは表向きの栄光だけだ。そこへ至るための犠牲はわからない」 - バイブハブ・シャー

大成功した人たちをよく知る人物の一人が、起業家で作家のケビン・クルーズだ。彼は最近、大きな成功を収めた200人にインタビューした。その中には7人の富豪、13人のオリンピック選手、そして多くの一流起業家が含まれている。ケビンは彼らに、このシンプルな質問をした。

「あなたの生産性を高める、一番の秘訣は何ですか?」

彼らは、この14の秘訣を教えてくれた。

1. 「時間」ではなく「分」単位で考える。
ほとんどの人は、1時間もしくは30分単位でスケジュールを立てる。しかし、成功している人たちは、時間が何より価値のあるものだとわかっている。そして一日を1440分で捉えている。

お金はなくなってもまた稼げる。だけど過ぎた時間は二度と取り戻せない。伝説的なオリンピックの体操選手シャノン・ミラーは、ケビンにこう語っている。「これまで、ほとんど分単位でスケジュールを立ててきました」。

人生をマスターするためには、「分」をマスターしなければいけない。

2. 一つのことだけに集中する。
超生産的な人たちは、自分にとって「最も重要なこと」が何かをわかっている。そしてそれに毎朝1〜2時間、何にも邪魔されずに集中して取り組む。目標があるなら、それを達成するために最も大切なことは何か、 昇進を目指していれば、そのために必要な成果は何かを考え、それに毎朝集中するのだ。

3. To Do リストをつくらない。
To Doリストに書いたことのうち、実際に終わるのは41%だという。しかし終わっていないことは、終わるまで心を悩まし続ける(ツァイガルニク効果といわれる)。それはストレスと不眠の原因になりかねない。

To Doリストは捨ててしまおう。それに代わるのが予定表だ。超生産的な人たちは、すべての予定を予定表に書き込む。そして、それに従って行動している。

4. 未来の自分を予想し、先延ばしにしない。
未来の自分を信用してはいけない。なぜなら、私たちには一貫性がないからだ。サラダを食べようと思って野菜を買ったのに、結局腐らせて捨ててしまった経験がないだろうか。

大成功している人たちが考えるのは「未来の自分がきちんと動くために、今何ができるか」だ。未来の自分が、良くない行動をすることを予想して、それを解決するための方法を考え出すのだ。

5. 夕食までに帰宅する。
夕食を家で食べるのを習慣にしている一人、インテルの創業者のアンディ・グローブは「常にやることはある。やらなければいけないことは、いつもやれることより多い」と語っている。

成功している人たちは、何を重視するかを知っている。もちろん仕事は大切だが、その他に何を重視するかをわかっているのだ。その答えは一つではないが、多くの人たちが大切にしていたのが、家族との時間やエクササイズ、社会奉仕だ。そして1440分のうちからそれに必要な時間を割いて予定表に書き込み、それにあわせて行動する。

6. 手帳を使う。
ヴァージン・グループの創設者リチャード・ブランソンは、シンプルな手帳なしにヴァージンを築くことはできなかっただろうと何度も発言している。そして、彼はその手帳をいつも持ち歩いていた。

また、ギリシャの海運王アリストテレス・オナシスは、インタビューでこう語っている。「常に手帳を持ち歩き、思いついたこと全てを書き込もう。ビジネススクールでは教わらない100万ドルの価値のある教訓だ!」。

生産的な人たちは、思いついたアイデアをすべてを書き出すことで、心を自由にしている。

7. メールを処理するのは、一日に数回だけ。
超生産的な人たちは、一日中メールをチェックしない。着信があるたびに、メールを確かめたりもしない。その他のことと同様、メールをする時間を決めて、迅速かつ効果的に処理する。一日に一回だけの人もいれば、朝と昼と夜にする人もいる。

8. 全力で会議を避ける。
実業家マーク・キューバンは、生産性についてのアドバイスを求められたときに、こう即答している。「小切手を書いているのでなければ、決して会議には応じるな」。

会議とは、悪名高い暇つぶしだ。スタートが遅れるのは珍しくないし、必要のない人まで参加を求められる。そのうえ、とりとめのない議論を繰り替えしながら、延々と続く。会議は、可能な限り避けた方がいい。自分で会議を開くのも少なくしよう。もしやらなければいけない会議があれば、短くて要点を押さえたものにしよう。

9. ほとんどすべてに「ノー」と言う。
億万長者の投資家ウォーレン・バフェットは、「成功した人と大成功した人の違いは、大成功した人が、ほとんどすべてに『ノー』ということだ」と語っている。また、起業家のジェームズ・ アルトゥーカーは、こう助言している「『そのとおり!』以外はノーだ」。

一日は1440分しかない。不必要なことに、大切な時間を使ってはいけない。

10. 80/20ルールに従っている。

「パレートの法則」として知られるこのルールによれば、ほとんどの場合、結果の80%は、20%の活動によるものだ。超生産的な人たちは、どの活動が、最も大きな結果をもたらすかをわかっているのでそれに集中し、他は無視する。

11. ほぼすべてを人に任せる。
超生産的な人たちは「どうやったら私はその仕事ができるだろう?」とは考えない。その代わりに「どうやったらその仕事を済ませることができるだろう?」と考える。できるだけ「私」という主語では考えないのだ。

彼らが、マネジメントの問題を抱えるようなことはない。細かいことを気にする上司ではないので、十分に問題が解決できていれば、「それで十分」と考える。

12. 同じことに、二回分の時間を割かない。
メールを一度開き、後から処理しようと閉じたことがあるだろうか?

大成功している人たちは、「一度だけ」を心がけている。どんなことでも、5分か10分で済むなら、すぐにその場で処理する。そうすると、それを頭の片隅に置き続けなくていいので、ストレスが減る。それに、後で読み返したり考え直したりする必要がなく、効率的でもある。

13. 朝の習慣がある。
200人の大成功した人々へのインタビューで、ケビンを一番驚かせたのは、多くの人たちに朝の習慣があることだった。

さまざまな習慣があったが、ほとんどの人が、水とヘルシーな朝食をとって軽いエクササイズをすることで体を養い、瞑想や祈り、読書、日記で、精神を養っていた。

14. エネルギーがすべて。
一日の時間を増やすことはできない。だけど、注意力や集中力や生産性を向上させるために、エネルギーを増やすことはできる。

大成功している人たちは、常に多くのことを追い求めているが、食事や睡眠や休憩は欠かさない。彼らにとって食事は燃料であり、睡眠は回復の機会であり、休息は再充電なのだ。きちんとした食事や睡眠なしでは、多くのことは成し遂げられない。

この秘訣をすべてをあわせよう

起業家でもオリンピック選手でも富豪でもなくても(そうなりたいと思ってさえいなくても)、大成功した人たちの秘訣は、私たちに役立つ。彼らのアドバイスを実践すれば、より短い時間でより多くのことができるようになるだろう。それに、働き過ぎや疲労から解放される助けになるかもしれない。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連画像集▼

Close
人生で大きな成功を収めた人たちの「日々の習慣」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png