BLOG

ソニーのレンズスタイルカメラQX実機インプレ:スマホにくっつけて使う異色デジカメ

2013年09月05日 00時22分 JST | 更新 2013年11月04日 19時12分 JST

ソニーのレンズスタイルカメラQX実機インプレ:買ってすぐ自慢、見せびらし系ガジェット

2013-09-05-img0247.jpg

IFA 2013 プレスカンファレンス会場より。発表会では、ソニーのレンズスタイルカメラ QX10 / QX100 が展示されました。触れたのはわずかな時間でしたが、実機のファーストインプレッションをお伝えします。

コンセプトも仕様も事前リークどおりの製品でしたが、実物を見ても触っても「なんだこれは!」という驚きは消えませんでした。良いか悪いかは別として、駆り立てられた好奇心をどこまで持続できるかが勝負、そんな製品です。今回のファーストインプレッションが、「ネタバレ」にならないことを願います。

車載スマートフォンホルダーのように、スマートフォンをQXで挟む構造。スマートフォンとQXの間はWiFiで接続し、専用のアプリをスマートフォンにセットして利用します。スマートフォンがデジタルカメラのような外観になり、世間の目が慣れるまでは「見せびらかしがい」があるはず。

仕組みがわかってしまうと、コンパクトなデジタルカメラと、プレビュー機能付きの遠隔操作カメラアプリの組み合わせなんですが、そこはソニー。「無茶しやがって」とチャレンジ称えたくなるワクワク感がたまりません。

今回同時に発表の Xperia Z1との組み合わせは、抜群に見映えがよいです。ただし、レンズ部分が重いため、カメラとしてはバランスがとりにくいかもしれません。 QXには三脚穴があるので、しっかり固定して撮影するのも良さそうです。

なお、発表会には多くのWiFi機器が周りにあるためか、時折、アプリからうまくシャッターが切れない場合がありました。

QX は本体にシャッターボタンやズームレバーがあり、またメモリーカードスロットも備えるため、スマートフォンアプリとの通信速度にかかわらず本体のSD / MS にはフルサイズが保存されます。

ソニー QX10/100 写真集