Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

駒崎弘樹 Headshot

自民党が40年前に教師不足を解決した、ある方法

投稿日: 更新:
印刷

保育士の低い給与によって、保育士が不足し、保育園がつくれない状況が都市部を中心に発生しています。

有効求人倍率は全国平均で1.7倍。東京では4.63倍という大変な状況に。

2016-03-22-1458615797-2362964-2016031210.24.08thumb600xauto1597.png

一方で、保育士の平均月給は20.7万。全産業平均よりも10万円低い状態です。

 さて実はこれに酷似した状況は、過去にもありました。

時は1970年代初頭。高度経済成長によって民間給与が上昇し、相対的に小学校と中学校の教員給与が低くなってしまい、教員不足の懸念がクローズアップされました。

 ここで1972年に、自民党の田中角栄内閣が誕生します。田中角栄は教師の給与引き上げを心に決め、総理の支持を得た文教族議員(文教政策に思い入れがある議員)が奔走します。

 結果として、1974年、「人材確保法」が成立。5年間で3回にわたって段階的に改善されていき、25%ほどの給与改善(一般公務員よりも高い水準へ)が達成されたのでした。

2016-03-22-1458615861-1852127-2016032114.37.15thumb600xauto1610.png

それ以来、小中学校の教師が不足したことはありません。

自民党が行うことは明確です。田中角栄元総理の英断を範に、「平成の人材確保法」を制定し、保育士給与の引き上げを行えば良いのです。

 それによって、保育士不足を是正し、保育所数を増やし、一億層活躍〜を創っていけば良いでしょう。安倍総理には、田中角栄に並ぶ偉業を達成して頂きたいと、切に願っています。

参考資料:
「人材確保法」の成立過程 丸山和昭 http://bit.ly/1T3TDZn
人材確保法について-文部科学省 http://bit.ly/1MwuZtF

(2016年3月21日「駒崎弘樹公式サイト」より転載)

他のサイトの関連記事

「保育園落ちた」ネット世論で政権一転 首相も軌道修正:朝日新聞デジタル

「保育園落ちた」きっかけに2万7千署名 制度充実求め:朝日新聞デジタル

政府 ブログ受けて待機児童の具体策検討へ NHKニュース