Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

吉田大樹 Headshot

「花王 アタック」のCMを観て感じたこと

投稿日: 更新:
印刷

【花王アタックウルトラアタックNeo広がっています篇】のCMを観た。

CMを観終わった瞬間に、何とも言えないもやもや感。

洗濯が大好きな人間としては、
ここまで「ママ」が使うことを強調されてしまうと、
頑固なパパとしては、
「あまりこの洗剤は使いたくない」という心情に陥ってしまう。

決して花王批判をしたいわけではない。
昨年度から厚労省が創設した「イクメン企業アワード」の大賞を受賞した花王。
花王は、積極的にパパへの働きかけもしており、
働き方の見直しなど評価できることも多く、
ワーク・ライフ・バランスの先進企業でもある。

なので、このCMが本当に残念でならない。

忙しいママに活用してもらうことで、
売り上げを伸ばしたいという意図は分かるが、
表記の仕方も気になる。

まず、「育休明けママ 会社員」

もちろん、育休明けパパが圧倒的に少ないのは分かっている。
分かっているけど、育休明けはママは仕事に集中したいだろうから、
洗濯くらいパパにやってもらうという発想がほしいところ。

続いて、「幼稚園ママ 主婦」

「幼稚園ママ」って・・・。
意味が分からないわけではないけど、
「主婦」を強調しなくてもいいのではないかな。
いま幼稚園でも延長保育を導入するところが増え、
働きながら、幼稚園に預けるというケースも多い。
さらに、来年4月からは「子ども・子育て支援新制度」が始まる。
そうなると、「主婦」ではない「幼稚園ママ」はさらに増えることだろう。
やっぱり「幼稚園パパ」もほしいところだ。

そして、主役の江角さん登場。
「部活応援ママ 女優」

「部活応援ママ」????
もちろん、「部活応援パパ」ではダメなの?ということなんだけど、
部活を応援していない親などほとんどいないだろうに。
さらに、土日に試合っぽい映像。なおさらパパでもいいではないかと思ってしまう。

強引に言葉を生み出して、いろんなママたちに充て込めていこうという魂胆が見え見えで、
ちょっと「いまの時代にこのCMはないだろうに」という感じ。

ウルトラアタックNeoの洗剤力についてはたぶんすごいんだと思う。
是非、使ってみたいくらい。

スピードコース満足度が91%を達成!

ただ、対象者は、全国20―59歳女性100名。
女性だけというのも残念だけど、アンケートが100名だけでした。
つまり、91名が満足だったということかな。
ただ、これくらいの規模のアンケートなら男性も入れてほしかった。
まぁ、いつも洗濯していない人に聞いても、
調査がブレるということなんだろうね。これは仕方がないか。

先月の都議会でのセクハラやじを契機に社会問題化しているが、
本質は、子育て・家事などの「家庭」のことについては、
「ママ」がやるもの、という意識から抜け出せていないということだ。
依然として、こうしたCMが平然と作られてしまうということは、
製作者側にもそうした意識があるからではないか。

政治家だけではなく企業側の意識もまだまだ古い。

製作者側にたぶんママもいただろうに、なぜ疑問に思わなかったのか?
結局、ママ自身が洗濯を押しつけられていることにしか映らないと思う。

そんな時短で簡単にできるなら、パパに洗濯をさせるべきだろう。
昔のように洗濯板で洗うわけでもなく、
二層式洗濯機もいまではほとんど見かけなくなった。
全自動式洗濯機は本当に簡単。

洗濯ごときパパにやらせなさい!と言いたい。

ただ、「うちの旦那は洗濯機も回せない」というママに会うのも事実。
だとしたら、なおさら、この時短洗剤をパパに使わせてほしい。

ママだけじゃなくて、パパが使っても、時短になるという洗剤のCMが観たかった。。。

「ママのチカラ」だけではなく「パパのチカラ」を家庭に生かすCMがほしかった。。。

いやいや、今後、パパバージョンが作られることを期待している。
パパに向けて、洗濯を毎日したくなっちゃうようなCMを是非とも作ってもらいたい。