ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

宿輪純一 Headshot

『君の名は。』―変わってきたマーケティング(115) 宿輪純一のシネマ経済学

投稿日: 更新:
印刷

(Your Name. /2016年)

本作品は、2016年8月26日に公開されたアニメーションであるが、日本の映画史に残る大ヒットを続けている。

時間を超えて、お互いに知らない、岐阜の田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、不思議に関係が奇妙な夢を通じて、導かれていく。場面は1,000年に1度のすい星来訪が、1カ月後に迫る現代の日本。

山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の"三葉(みつは)"は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などで気持ちは重かった。東京在住の男子高校生"瀧(たき)"は自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その高校生の男女が入れ替わってしまう設定となっている。お約束であるが、最終的に災害に巻き込まれていく・・・。

筆者は映画評論家であるが、同時に先生でもある。経済・金融が専門と思われているが、実際は東京大学大学院で企業戦略を教えたのが最初の教鞭である。実は経営系も専門なのである。前職のメガバンクでも経営企画関係の部署にも長く勤務した。そういった企業戦略の観点から考えると、この映画の"新しさ"が良くわかる。

映画もそうであるが、マーケティング(モノを売る仕組み)で一番大事なのは「分かりやすいシンプルなコンセプト」であると教えてきた。お客様が分からないものは、買う気にならない。そのため、コンセプトはシンプルなものに向かっていく傾向がある。映画もそうであった。しかし、本作は違う。「コンセプトが多すぎる」のである。しかも、それを"魅力"としている点である。

非常に高度なアニメ(技術)、かわいい女子高生の生活、若者の正義への行動、親との反目、田舎とメガ都会の比較、時空を超えた関係、日本の伝統と考え方、日本の一般生活を超えた神秘、自然の大災害(とくに隕石は映画のテーマでは多い)など、コンセプトが非常に多い。結果的に1回見ただけでは、十分に理解できないかもしれない。だから、何回も足を運ぶのであろう。

しかし、もっとも言いたかったことは「さまざまなものは"一瞬"で終わるもの」であるということではないか。そうであるならば、日々時間を無駄に過ごしていられない。日々、後悔のないよう、精一杯努力して生きることが大事だと思う。そして、結果というものよりも、努力するその過程こそ大事であり、そこに本当の幸せがあると思う。

【宿輪ゼミのご案内】
博士(経済学)・帝京大学経済学部経済学科教授・慶應義塾大学経済学部非常勤講師・映画評論家の宿輪先生が2006年4月から行っているボランティア公開講義。その始まりは東京大学大学院の学生達がもっと講義を聞きたいとして始めたもの。どなたでも参加でき、分かりやすいと、経済学博士の講義は好評。「日本経済新聞」や「アエラ」の記事にも。期間は10年を、開催回数は200回を、会員は1.2万人を超えて、日本一の私塾とも。言われています。次回第222回の宿輪ゼミは1月18日(水)開催。Facebook経由の活動が中心となっており、以下からご参加下さい。
https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/