BLOG

「成人の日」の天気は? 大雪・猛吹雪・極寒…最強冬将軍に警戒を

成人式に晴れ着でお出かけされる方は雨・風への備えを!

2018年01月06日 09時49分 JST | 更新 2018年01月06日 09時49分 JST

tenki.jp

低気圧が急発達する予想です。成人の日は広く雨で、荒れた天気に。連休明けは今季一番の寒気が流れ込み、冬の嵐になるでしょう。大雪や猛吹雪による交通障害に警戒が必要です。

◆成人の日 広く雨 横なぐりの雨も

8日、成人の日は日本海を低気圧が発達しながら進むでしょう。また、本州の南海上を気圧の谷が進むため、全国的に天気が崩れる見込みです。暖かく湿った空気が流れ込むため、沖縄や九州から東北にかけて雨の降る所が多いでしょう。積雪の多い所では雨で雪どけが進むため、なだれや屋根からの落雪に注意が必要です。沿岸部を中心に風も強まり、横なぐりの雨になる所もありそうです。成人式に晴れ着でお出かけされる方は雨・風への備えをなさって下さい。

◆連休明けは冬の嵐

連休明けの9日(火)は低気圧が北海道の北でさらに発達する予想です。日本付近は冬型の気圧配置が強まり、西日本にも強い寒気が流れ込むでしょう。松江の上空1500メートル付近には氷点下13度ほどの今シーズン一番の寒気が流れ込む予想です。北海道や東北の日本海側、北陸から山陰にかけては広く雪で、西日本でも大雪の恐れがあります。北海道や東北、北陸を中心に風も強まり、冬の嵐となるでしょう。大雪や猛吹雪による交通障害に警戒が必要です。寒気が強く、九州北部でも雪が降りそうです。また、季節風も強いため、太平洋側にも雪雲の流れ込む所があるでしょう。全国的に寒さが厳しく、冷たい北風が吹き付け体にこたえそうです。

今度の冬の嵐のピークは9日(火)から10日(水)にかけてですが、強い寒気は12日(金)頃まで長く居座る予想です。日本海側は積雪がさらに増える予想で注意が必要です。

(2018年1月5日 18時40分)

関連リンク

吉田 友海

気象予報士

信託銀行に勤務しながら、気象予報士の資格を取得。仙台に移住し、「民放ラジオ」や「NHK山形」で気象コーナーを担当。その後、東京に戻り、「NHKラジオジャーナル」で気象キャスターを務めました。

現在は、一児の母となり、天気予報と子育てに奮闘する毎日。ラジオの気象コーナーを担当したり、テレビ局の天気原稿や地方紙のコラムも執筆しています。

土砂降りの雨の中、小さな子供を連れて歩くのは大変!暑ければ熱中症が心配だし、寒ければインフルエンザが心配。以前より天気に敏感になりました。お母さん予報士として、生活に密着した情報を伝えていきたいと思います。