tenki

本格的な冬へと移り変わる時季でもある大雪。その大雪とは、どんな時季でしょうか。
台風21号は発達のピークを迎えているとみられ、12月4日にかけて小笠原諸島の南を北東進すると予想されています。強風や大雨に注意してください。
11月29日(月)も一日を通して晴天が続くため、ダイヤモンド富士を見るチャンスがありそうです。
週末にかけて冬型の気圧配置が続くため、関東や近畿など太平洋側の地域では晴れる日が多くなります。
琵琶湖の水位が下がり続けており、湖畔では坂本城の石垣が露出している様子が確認されました。
寒気や放射冷却などで急激に空気が冷やされることの多い秋や冬は海水よりも空気のほうが冷たくなりやすく、だるま夕日を見られることが多くなります。
この冬の長期予報では、西日本や沖縄で気温が平年並みか平年よりも低く、日本海側の雪が多い予想となっています。東日本、北日本は平年並みの見込みです。
電車の遅延や高速道路の通行止めなど、交通機関への影響も懸念されるので、利用する予定のある方はホームページなどで最新情報を確認するようにしてください。
和歌山県新宮市では海から昇る太陽が、海面付近でくびれたような姿になりました。
太陽の高さが低い朝や夕方に霧が出ていて解消に向かうときに、このような白い虹が見られることがあります。虹が白く輝くメカニズムとは?
午後は晴れて、肌寒さの解消する所が多くなりそうです。
10日22日朝、山口県下関市でキレイな朝虹が見られました。
北日本や北陸は風が強く、沿岸部では瞬間的に30m/sを超える暴風となるおそれがあります。飛来物や交通機関の乱れなどに警戒が必要です。
西日本や東日本では太平洋側を中心にスッキリとしない天気の日が多くなる予想です。
夜にかけて寒気の流入とともに気温が下降する見込み。
生活改善によって、アレルギー反応を抑えることができるかもしれません。
長袖に加えて上着があった方が良いくらいの肌寒さです。風を通しにくく、雨も防げるようなレインコートも役立ちそうです。