BLOG

リクルートでオープンに働いていたレズビアンに、どんな感じだったか直接聞いてみた

2015年10月03日 23時54分 JST | 更新 2016年09月28日 18時12分 JST

あなたの視野を必ず広げる、ここでしか読めないLGBTたちの本気記事を20人以上のLGBTたちが毎日配信中。Letibee LIFE

オープンに働くLGBTヘ直接インタビュー!

株式会社リクルートライフスタイルでオープンに働いていたレズビアンである、Erica Shimbaさんに、レズビアンと公言しながらでのリクルートでの仕事はどんな感じだったのか、カミングアウトに対する周りの反応、社内での動きなどを赤裸々に語って頂きました。

Erika Shimba さん

Erika Shimba さん

Q.リクルートで働いてどのくらいですか?

今年(2015年)の春に大学卒業して新卒で入社したから、いま半年だね。6ヶ月。

Q. 身近な人・同僚の方・上の方にカミングアウトしていますか?

してるよ。高校卒業して18歳くらいから徐々にし始めて、いまはもう会社でもプライベートでも、基本的に一切隠してない。一生懸命「カミングアウトしてる」っていうよりも、ストレートの人が平気な顔してストレートとして生活してるのと同じように、フツ―にレズビアンとして生きてるって感じ。

Q. なんで会社でカミングアウトしたのですか?きっかけとかありましたか?

別にきっかけは必要なかったかな。特に隠さずに、オープンに生活することが自分には普通で当たり前のことだから、会話の流れとかで自然に伝えてた。例えば「週末何してたの?」って聞かれれば「彼女とデートしてました~」って答えるし、「いま彼氏いる?」って聞かれれば「彼氏はいないけど彼女はいるよ。もうスーパー超絶ホットでやばいの!ニヤニヤが止まんない!!」みたいなテンションで話す。(笑)

Q. カミングアウトした時の周りの反応はどうでしたか?

人による。けど、拒絶されたりとか非難されたりとか、マイナスな反応されたことは今まで一回もないんだよね。

そうだなぁ、特に多いのは①「そうなんだー!なんか思いっきりオープンでいいね」と、②「あ~やっぱり?そうかなと思ってた!あなた可愛い女の子好きだもんね!笑」と、③「ねえねえ、もしよかったら質問していい?どういう子がタイプなの?あとさ、セックスとかってどうやってするの?」かな。(笑)

ちなみに私は、もちろんリスペクトの気持ちありきだけど、③が結構うれしい。質問してくれることがうれしいんだよね。興味を持ってくれてること、もっと私を知ろうとしてくれていることの表れだと思うから。だから自分も、カムアウトするときはいつも「何か質問ある?わかんないことあったら何でも聞いてね!」って言ってる。(笑)

Q. そんなに気にしてない感じでしたか?

うん。カムアウトした後気まずくなったことないし、むしろ「元気?あ、まだあの女の子と続いてる~?」とか普通に聞いてきてくれたりする。

リクルートは若い人がほとんどで(30代中盤以降は古株って感覚)、男女比率も半々くらいだから、私が知る限り全体的にリベラルな空気だし、若い感覚を持ってる人が多いのね。あと、オープンなマインド、新しいものをどんどん受け入れる性格の人が集まってる組織。男性社会な感じも全然しないし。だからまぁ、LGBTに対してそんなに驚いたり拒絶する人は少ないんじゃないかな。オープンにして働いてる人もいるしね。私が知ってるだけで10人はいるから、全体で見ても、グーグルとか外資の会社と比べれば少ないだろうけど、日本の大企業にしては多いほうだと思うよ。

Q. カミングアウトして、よかったことってありますか?

たくさんあるよ!まず一番よかったと思うのは、周囲とのコミュニケーションにムダなストレスがかからないこと。隠してたらいろいろめんどくさいじゃん。

あとは・・・

(2)信頼関係を築きやすい。ありのままの自分を知ってもらえてるから、相手に自分を受け入れられてる実感があって、同僚や上司、会社に愛着を感じやすい。

(3)すぐ覚えてもらえる。(笑)新入社員で完全オープンにしてるヤツなんてやっぱり珍しいしね。あと日本ではやっぱりまだいい意味でも「LGBTは特別・異質」って印象を持つ人が多いから、「なんかコイツ大物なんじゃないか?!」って思ってくれる人が結構いるかな。私は一応、得してるってプラスに捉えてるからそこは否定しないで、勝手に期待させてる。(笑)

(4)リクルートがやってるLGBTに関する取組みの情報が入ってきやすい。意見を求められることもあるしね。私は、リクルートをもっとLGBTにとって働きやすくて能力を発揮できる場にしたくて、それを他社にも伝播させたいと考えていて、大学生だった内定者の頃から社内でいろいろ動いているんだけど、クローズドだったらそもそもそんなことできないからね。

Q.同じ会社でLGBTの方にお会いしましたか?

した。10人前後。

Q.社内恋愛ってありえますか?

リクルートという会社で起こり得るか、可能性でいったら、まぁ起こりうるんじゃないかな?別に社内恋愛禁止のルールないし。

私がしたいかといったら、できればしたくない。それは単純に、好きな人が会社にいたら気になって仕事が手につかないから!ただ、リクルートで働く女性は本当に素敵な人たちばかりだから、魅力に抗うのが大変だよ。(笑)

Q.社内でカミングアウトした方がいいと思いますか?

うーん、これは完全に個々人の状況による。けど、環境的に可能で、踏ん切りがつかないだけの人がいたら、迷わずカミングアウトの実行をおすすめする。

なぜなら、ラクになるから。コミュニケーションを取る上で隠し事があると自分が大変だし、そもそも会社で働くことって、つまるところ他人とのコミュニケーションの繰り返しでしょ。しかも、フリーじゃなくてわざわざ会社で他人と協同することの目的って、複数人によるシナジーでより多くの利益を生み出すことでしょ。だとしたら、カムアウトしてほんとの自分を知ってもらって、協同相手である会社の仲間とお互いを理解し合う・信頼し合うことがもたらす効果って、かなり大きいよ。

もし自分がクローズドにしてたら・・・、今ほど社内で力を発揮できてないと思う。今ほど堂々と、かつ素直に振る舞えなかっただろうし、伝えたり行動したりもできなかったんじゃないかなぁ。そしたら、自分が良質なアウトプットをして、それを吸収した周囲の人が自分に刺激をくれて、また自分が・・・っていういい循環も生まれづらくなるからね。自分にも周りにも損失でしかない。

Q.就職先を選ぶうえでLGBTフレンドリーなのかどうかかは考慮しましたか?

当時はしてないつもりだったんだけど、今思えばしてたかも。

というのも、就活中私が求めてた条件は①給料が高いこと②リベラルで、ある程度好き勝手やんちゃにやらせてもらえそうな雰囲気(ほぼフィーリングで判断)の二つで、「LGBTフレンドリーである」っていう条件はなかったけど、今思えば②はLGBTフレンドリーにも通ずるから。

こういう基準で選んで、練習も含めて10社受けて8社受かったけど、なかでもリクルートが圧倒的に②だったから決めた。それで実際に受け入れてもらえてるから、選び方として正解だったと思ってるよ。

Q. 自分の会社にもダイバーシティを打ち出してほしいですか?

ダイバーシティの定義にもよるけど、もしLGBTフレンドリーという意味を含んだダイバーシティならば、打ち出してほしいけど、今はまだムリだと思う。そもそもダイバーシティを打ち出せるほど整備されてないから。そうやって公式にアピールするには、誰にでも確実に適用される制度やコミュニティをもつことが最低限必要でしょ。今はまだ同性カップルに結婚祝い金を出すとかしていないし、IBMみたいな会社公認のLGBTAコミュニティも持ってない。確かに私はオープンにして不自由なく働けてるけど、これは人に依存するもので、その環境が誰にでも実現されるかは100%確実ではないからね。

ただ、LGBTフレンドリーなマインドを持った人は多いから、正式に制度さえ整えれば、ダイバーシティを打ち出す資格は十分ある会社なんじゃないかな。

Q. 銀行とかお堅そうなところで働いていることが前提として、そうだったらカミングアウトしていたとは思いますか?

そういうお堅そうなところから離れて生きてきたから想像もつかないしわかんないけど、状況をみつつ可能な限り多くの人にしたと思うよ。

榛葉さん、ありがとうございました!

Erica Zoë Shimba

女子と映画とヨーグルトをこよなく愛する23歳フリーランサー。

2015年明治大学卒業。念願叶って株式会社リクルートライフスタイルに入社するも、「ん?なんか日本にこもって会社員として働くの想像以上につまんなくね・・・?」ということに気づいてしまい、半年で退社。" 好きな時に好きなところへ行って働き、旅するように暮らす "のを当面の目標に、海外でのデジタルノマド生活準備中。imkindaworking@gmail.com

※画像はすべて独自入手

元記事:リクルートでオープンに働いていたレズビアンに、どんな感じだったか直接聞いてみた | LGBT職場インタビュー

もっと読む