BLOG

なぜチーム力を大事にする企業は性格分類「類人猿分類」を取り入れるのか

ある企業の人事研修で取り入れた結果、大幅に業績が伸びた

2017年11月27日 16時09分 JST | 更新 2017年11月27日 16時09分 JST

■類人猿分類が起こした大きな「波」

互いを褒め、認め合うことがチーム力を高める上で大切であることは、誰もが認識しています。ただその際に、互いのタイプの違いを無視すれば、せっかくの思いや声かけが相手の心に届かず、かえってチーム内がごたついてしまうことがあります。

類人猿分類「GATHER」(Grate Apes Teach Human Eternal Relationships;類人猿が人間関係を教えてくれる)は、人間のタイプをオランウータン、チンパンジー、ゴリラ、ボノボの4タイプに分ける性格分類法で、僕も監修として関わったものです。

この類人猿分類が数年前、広島県福山市で食品スーパーを中心とした事業を展開する株式会社エブリイホーミイホールディングス社内の人事研修で取り入れられた結果、16期連続2桁増収、9期連続増益など、大きく業績が伸び、またそのことが「ガイアの夜明け」などのテレビ番組など各種メディアで取り上げられたことで、全国的に、多くの話題となりました。

その結果、類人猿分類を紹介する書籍『ゴリラの冷や汗』がamazonで総合2位となったり、類人猿分類を学ぶ公開セミナーが、毎回満席になるなど、大きな反響がありました。

類人猿分類特設サイト

現在では、エイチ・アイ・エス、わかさ生活、サマンサタバサといった、エブリイ以外の企業でも、人事研修に取り入れるようになっていると聞いており、関わった一人として、非常に嬉しく思っています。

■職場やプライベートの人間関係にすぐに役立たせることができる

類人猿分類はもともと、アドラー心理学を共に学んでいた友人で、当時、エブリイのグループ企業の取締役だった岡崎和江さんの発案に拠るものです。そこに、僕が研究してきた性格分類である「体癖論(名越式性格分類)」の考え方も加味して体系化したものです。

最初、岡崎さんから、「こういうことを考えているんだけど、心理学的な見地からみてどうだろうか」という相談を受けたとき、僕は正直、半信半疑でした。

そこで、福山で数回にわたってセミナーのゲスト講師として参加させていただき、、自分がもともとライフワークにしてきた性格分類や、その他の性格分類法と比べ、検討してみました。

性格分類というのは実はすごく歴史が深くて、占星術とか、エニアグラムなんていうと、それこそ数千年にわたる歴史があります。また、ユングやクレッチマー、シュタイナーといった著名な心理学者たちがさまざまな性格分類、あるいは性格類型法を提唱してきましたし、僕自身も、野口整体の体癖論をベースにした性格分類をずっと研究してきました。

では、そういう名だたる分類法と比較して、「新参者」である類人猿分類の実力はどうなのか?

大きな特徴は、「すぐに現場で使える」ということでした。それは、岡崎さんが企業人として、職場、あるいは社会のなかでの人間関係、チーム、対人関係のかかわりのなかでの問題解決モデルを基本に置いていたからです。

つまり、「ただ性格を知る」とか「人間関係を改善する」というだけではなく、いかにしてビジネスに生かすか、チームの力を高めていくか。そういう、ビジネスの現場で使える性格分類を志向していたのが、類人猿分類の大きな特徴でした。

岡崎さんは社員数百人を抱える会社を束ねる企業人です。取引先の企業も含めて、それまで、ものすごくたくさんの人と出会い、コミュニケーションを取ってきました。出会い、交流した人間の数は、ベテランカウンセラーでもかなわないくらいでしょう。そういう、一流の企業人としての直感が類人猿分類には込められているのだと思います。

また、企業人というのは、常に人の適材適所ということを考えています。「こういう性格の人はこういう部署にいいんじゃないか」「この人とこの人を組み合わせてみたらどうだろうか」ということを常に考えている。

そういう人が生み出した性格分類であるということが、類人猿分類に、他の性格分類にはない、特徴を与えているのだと思います。

■類人猿分類セミナーはなぜ盛り上がるか

類人猿分類特設サイト

類人猿分類セミナーの様子

類人猿分類を学ぶセミナーは、従来は株式会社「エブリイ」の社内研修が中心でしたが、現在は外部からの参加者をオープンに受け入れるセミナーが、定期的に行われています。

毎回、非常に盛況と聞いていますが、僕が過去に参加した経験を思い返しても、類人猿分類セミナーというのは、非常に盛り上がるのが特徴です。あれほど、参加者の中に一体感や、ある種の高揚感が生じるセミナーは珍しいのです。

それは、自分の性格を、「オランウータンだ」「ボノボだ」と自認するときに起きる、肯定・否定両面での心の動きによるものだと思います。

これが例えば「トラだ」「カモノハシだ」というのでは、ここまで盛り上がらない。遺伝子レベルでは97-98%同じという類人猿だからこそ、ある意味くすぐったいほど、心理的に刺激されるところがあるのでしょう。

類人猿分類特設サイト

類人猿分類セミナー公認講師の土居祐介氏

また、4分類という、分類数の少なさも、類人猿分類を実用性の高いものにしています。というのは、実は4つという数は、人間がカテゴリー分けするときにざっくり把握できる、最大のだからです。

4つというと少なすぎて、一見単純すぎるように感じます。しかし、さまざまな場面、状況、個々のキャラクターとの組み合わせによって、かなり複雑な関係性を説明することが可能です。

むしろ、会社や学校、組織といった場で人間関係を円滑なものにしていくように、集団心理の力動をうまく制御したり、コントロールするというレベルにおいては、それくらい大胆に大きくカテゴリー分けしたほうが有効です。そのことを、おそらく参加者のみなさんは、直感的に感じておられるのでしょう。

性格心理学の入門編として類人猿分類は格好の教材です。興味のある方はぜひ楽しみながら、学んでいただければと思います。

類人猿分類公式サイト(次回セミナーは2018年2月26-27開催)

http://gorihiya.yakan-hiko.com/

無料簡易診断アプリ「類人猿診断」

http://yakan-hiko.com/gather.php

・解説書『類人猿分類公式マニュアル2.0 人間関係に必要な知恵はすべて類人猿に学んだ

類人猿分類特設サイト

テレビ東京系「ガイアの夜明け」(2015年6月23日放送分「快進撃スーパーの裏側 驚きの人材力! 」)、「とくダネ! 」などテレビ、メディアで話題沸騰! 15期連続2桁増収、8期連続増益の食品スーパー「エブリイ」。従業員の個性を活かす人事の秘密「類人猿分類」のすべてを解説する決定版マニュアル!