BLOG

イオンチャネルをクローズアップ

3編の論文がクライオ(極低温)電子顕微鏡法によって得られたTRPMLチャネルの構造を報告している。

2017年10月23日 17時19分 JST | 更新 2017年10月23日 17時19分 JST
Polina Shuvaeva via Getty Images
Neuron cell network - 3d rendered image on black background

細胞小器官の膜には多数のイオンチャネルが存在していて、濃度勾配の維持やイオンによるシグナル伝達を担っている。

TRPML(transient receptor potential mucolipin)チャネルは、エンドリソソームの機能に重要なCa2+放出チャネルである。

TRPMLチャネルはメンブレントラフィッキングやエキソサイトーシスなどの生理的過程を調節している一方、TRPML1の変異はリソソーム蓄積症であるムコリピドーシスIV型を引き起こす。

今週号では、3編の論文がクライオ(極低温)電子顕微鏡法によって得られたTRPMLチャネルの構造を報告している。

S LeeたちはTRPML3の構造を示し、一方、X Liの研究チームとY Jiangの研究チームはそれぞれ、TRPML1の構造を明らかにしている。

これら3つの研究から、TRPMLチャネルファミリーの開状態と閉状態が突き止められ、これらのチャネルの調節機構が示された。ほとんどのTRPチャネルと同様、TRPMLは特異的な脂質によりゲート開閉を行うことが可能で、またこれらの研究からは基質の結合とチャネルの活性化についての手掛かりが得られる。

Nature550, 7676

原著論文:

Structure of mammalian endolysosomal TRPML1 channel in nanodiscs

doi:10.1038/nature24035

Human TRPML1 channel structures in open and closed conformations

doi:10.1038/nature24036

Cryo-electron microscopy structure of the lysosomal calcium-permeable channel TRPML3

doi:10.1038/nature24055

【関連記事】

基本転写因子の構造

Nature549, 7672 2017年09月21日

リポ多糖の輸送は「トラップ・アンド・フリップ」機構によっている

Nature549, 7671 2017年09月14日

ポリコーム様タンパク質の結合パワー

Nature549, 7671 2017年09月14日

タンパク質の自己集合が止まらなくなる「ホットスポット」

Nature548, 7666 2017年08月10日

カンナビノイド受容体の構造

Nature547, 7664 2017年07月27日

MORE:News