BLOG

ロゼッタが一掃きした彗星の塵

2016年09月19日 15時39分 JST | 更新 2016年09月19日 15時39分 JST

今回M Bentleyたちは、宇宙空間に打ち上げられた最初の原子間力顕微鏡であるロゼッタ探査機搭載装置MIDASを使って得られた、67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)の塵粒子のin situ測定の結果を報告している。

67Pの塵粒子は、より小さな細長い粒子の集合体であり、異なるサイズの粒子の構造は、階層的な集合を示していることが明らかになった。

塵粒子は、小さな単一粒子から大きな多孔質集合体粒子まで、コンドライト多孔質星間塵粒子に似たさまざまな形態であり、多孔質星間塵粒子が彗星起源であるという主張を裏付けている。

Nature537, 7618

2016年9月1日

原著論文: Aggregate dust particles at comet 67P/Churyumov-Gerasimenko

doi: 10.1038/nature19091

【関連記事】

原始星のスノーラインの直接撮像 Nature535, 7611 2016年7月14日

月の極移動 Nature531, 7595 2016年3月24日

月の傾斜角が説明された Nature527, 7579 2015年11月26日

近傍にある岩石質で地球サイズの惑星GJ 1132b Nature527, 7577 2015年11月12日