Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ネイチャー・ジャパン Headshot

さまざまなGPCRの構造中に存在する共通項

投稿日: 更新:
印刷

今回、クラスAのGタンパク質共役受容体(GPCR)27種類の包括的な構造解析によって、受容体の活性化経路は非常に多様であるものの、Gタンパク質結合ポケット近くでは高い類似性が見られることが明らかになった。

この類似性は、膜貫通ヘリックス間でのアミノ酸残基の接触状況に生じる構造的再編成が、非常によく保存されていることによっている。さまざまなGPCRが、非常に多様なリガンドによって開始される活性化段階を経ながらも共通のGタンパク質群に結合できる理由が、この知見で説明できるかもしれない。

またこの結果は、構造に基づいた創薬のためにGPCRのモデルを作製したり、GPCRを改変したりすることにも関わってくるだろう。

Nature 536, 7615
2016年8月11日

原著論文: Mechanism of arginine sensing by CASTOR1 upstream of mTORC1
doi:10.1038/nature19079

【関連記事】
真核細胞の呼吸を駆動する酵素の構造 Nature 536, 7616 2016年8月18日
アルギニンを結合したヒトCASTOR1の構造 Nature 536, 7615 2016年8月11日
53BP1が2つのヒストン標識を同時に認識する仕組み Nature 536, 7614 2016年8月4日
コレステロール付きSmoothenedの構造 Nature 535, 7613 2016年7月28日