BLOG

色素沈着を誘導して皮膚がんを防ぐ

今回の知見は黒色腫の予防戦略を示唆している可能性がある。

2017年09月29日 15時55分 JST | 更新 2017年09月29日 15時55分 JST

赤毛で色白、かつ日焼けしにくい人は、黒色腫を発症するリスクが高い。

このような人たちはメラノコルチン1受容体(MC1R)のバリアントを持っていることが多く、このバリアントはより広く見られるMCR1型に比べると色素沈着を誘導する能力が低い。

R Cuiたちは今回、マウスでタンパク質のパルミトイル化という修飾を行うと、バリアントMCR1の色素沈着誘導能が増強される仕組みを明らかにし、これが黒色腫発症の低下とつながることを示している。

このような手法が実用化できるかどうかはまだ不明だが、今回の知見は黒色腫の予防戦略を示唆している可能性がある。

Nature549, 7672

原著論文: Palmitoylation-dependent activation of MC1R prevents melanomagenesis

doi: 10.1038/nature23887

【関連記事】

脳腫瘍細胞の階層性

Nature549, 7671

免疫回避の調節

Nature549, 7670

CDK4/6阻害剤の抗腫瘍効果

Nature548, 7668

がんにおける不活性型の変異型BRAF

Nature548, 7666

脂質の分解が治療抵抗性をもたらす

Nature547, 7664