五輪

東京オリンピックの次はどこ? 2024年大会、住民の猛反対でブダペストが招致断念

The Huffington Post | Travis Waldron | 投稿日 2017年02月23日

この4年間で、オリンピックの招致を断念したのは、これで7都市目になる。

北京五輪、ジャマイカの男子リレー金はく奪へ 日本が銀に繰り上げ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年01月26日

ジャマイカチームは失格となり、ウサイン・ボルトらの金メダルも剝奪(はくだつ)される。

小坂先生ご逝去など

石破茂 | 投稿日 2016年10月24日
石破茂

悪性リンパ腫に侵され、今夏の参議院選への出馬を見送って療養に努めておられたのですが、今朝容態が急変して帰らぬ人となられました。

オリンピック会場の見直し、埼玉県知事「都から打診ない」組織委「極めて不透明」⇒混迷へ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月14日

「申し入れが全くないのに辞退のしようがない。とんでもない話です」

【東京オリンピック】開催経費2兆円超? 都政改革本部、会場整備の抜本見直し提言へ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年09月27日

独自の積算で開催経費が2兆円を超す可能性も指摘する。29日の会合で報告される。

メダリストが魅せる"ガッツポーズ" 「五輪メダル」よもやま話(その2):研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年08月25日
ニッセイ基礎研究所

4年後にメダリストたちが魅せる"ガッツポーズ"が、今から楽しみになる。

日本バドミントン界の躍進にみる成長の三要素

前田裕斗 | 投稿日 2016年08月23日
前田裕斗

日本のバドミントン界は急に生まれ変わったわけではない。緩やかな変革を経て、着実に進化してきたのだ。

ロンドン金メダリスト、コーチの性的虐待を乗り越え「リオは被害者のために闘う」

The Huffington Post | Juliet Spies-Gans | 投稿日 2016年08月04日

初めてのオリンピックは、自分自身を取り戻すために出場した。今度のオリンピックは、他の性暴力サバイバーが自分を取り戻すために出場する。

封印されたオリンピック競技たち なぜやらなくなった?

The Huffington Post | Lee Moran | 投稿日 2016年08月04日

中にはびっくりするような種目もある。

相模原事件に「競技者として伝えることある」パラ選手団の結団式で選手ら黙祷

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年08月02日

主将で、車いすバスケの藤本怜央選手は、「私は競技者としてまだまだ伝えることがある」

日本はイノベーションと心遣いが同居する場所です

My Eyes Tokyo | 投稿日 2016年06月29日
My Eyes Tokyo

日本人は心遣いが細やか。ゴミの分別や、デパートでの品物の丁寧なラッピングに、それが表れています。

猫ひろしさん、リオ・オリンピック出場へ 「連絡受けた」

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2016年05月24日

猫ひろしさんがカンボジア代表として、リオデジャネイロオリンピック男子マラソン代表に選出されることが分かった

もう一つの「あきらめない」。

中野紘志 | 投稿日 2016年05月20日
中野紘志

「 あきらめない」。それはきっと「自分自身を続けろ」という意味なんだと思う。

「我慢」すれば世界一になれるか。

中野紘志 | 投稿日 2016年05月15日
中野紘志

ボート競技(漕艇、rowing) は異常にキツい。今まで色んなスポーツをやってきたがボートは異常だ。

野口みずき引退へ 「笑顔が心に焼き付いてます」の声も アテネ金メダリスト【女子マラソン】

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年04月14日

「野口選手引退おめでとう、そしてお疲れさまです」

浅田真央、2018年平昌オリンピックを目指すと明言 「私の最終目標」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年04月12日

フィギュアスケート女子の浅田真央選手(25)が12日、2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)五輪を目指すことを明言した。

オリンピックに関する関心や興味の調査結果

ニールセンスポーツ | 投稿日 2017年03月07日
ニールセンスポーツ

着々と準備の進むオリンピック。レピュコムでは2015年に4回の調査を実施し、「オリンピック・パラリンピック」に対する関心や興味の推移を調査しました。

「マイナースポーツだから」という言い訳は、通用しなくなってくるんじゃないか

中野紘志 | 投稿日 2017年01月12日
中野紘志

「マイナーだから」という言い訳が、段々と通用しなくなってくるんじゃないか。

マイナースポーツで、生きていく

中野紘志 | 投稿日 2017年01月04日
中野紘志

マイナースポーツの選手がその競技活動で現状生きていけないのはなぜか。それは仕事になっていないからだと思う。

誰かに「生活」は運べなくても、「希望」を運ぶのがスポーツ

中野紘志 | 投稿日 2016年12月31日
中野紘志

一つだけ、なんと答えていいかわからない言葉を、何度ももらった。「うらやましい。」

「真の柔道を示せるのは日本しかない」井上康生監督が語る"全階級金メダル"への秘策

スポーツくじ(toto・BIG) | 投稿日 2015年12月01日
スポーツくじ(toto・BIG)

2015年8月の世界選手権で素晴らしい好成績をおさめた全日本柔道男子。現在の日本柔道の強さの秘訣について井上康生監督、海老沼匡選手、阿部一二三選手に伺った。

クラウドファンディングでオリンピックを -五輪ビジネスモデルは「エンブレム型」から「招致ロゴ型」へ

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年09月17日
ニッセイ基礎研究所

商業主義に立脚した五輪ビジネスモデルの課題が垣間見える。

チームの力で、五輪の切符を手に入れる! 頂点を目指す、全日本女子バレーボールチーム

スポーツくじ(toto・BIG) | 投稿日 2016年08月12日
スポーツくじ(toto・BIG)

17歳で全日本入りして話題になった木村沙織選手がキャプテンとして率いる全日本女子バレーボールチーム。同じように、高校生で全日本入りした古賀紗理那選手。この二人は一体何を考えているのだろうか――

佐野研二郎氏、盗作疑惑を否定 東京オリンピック・エンブレム問題でコメント(全文)

The Huffington Post | Huffpost Newsroom | 投稿日 2015年07月31日

制作者の佐野研二郎氏は7月31日、似ていると指摘された作品を「まったく知らない」と、疑惑を否定するコメントを組織委員会を通じて発表した。

2022年冬季オリンピックは北京に決定。大気汚染や雪は大丈夫?

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2015年07月31日

これで夏季冬季合わせて、オリンピックは2018年 平昌→2020年 東京→ 2022年北京と3大会続けて東アジアで開かれることになりました。